「重い休息」

煩先生

 

憎悪の夜闇で

暴走族が轟き

窮屈な自我に

憤怒を贈った


多感な醜悪が

存在を誇れば

理解者の鎖も

脈動して煌く


悲嘆の朝陽で

抗鬱剤が慰み

憂愁な視野に

陳腐を迫った


苛烈な中毒が

面影を屠れば

守護神の荊も

恐慌して蝕む

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

「重い休息」 煩先生 @wazurai

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ