公爵夫人の人魚姫

篠崎琴子

1 リーエンリッテのお嬢様

「俺、あんたの事わりと好き」

 ねえさまそっくりのかんばせで、人魚が軽やかに囀る言葉は、幼いわたしにとってはまるで魔法の呪文でした。

 その頃わたしは年の割にはものをしらない幼げな娘だったから、彼の言葉に「ほんとう?」と首をかしげて、少しばかり頬がゆるむのに任せるのでした。

「ほんとだよ。可愛いものは大好きだからね。それにあんたは、リーエンリッテのお嬢様だし。つり目がちだし、顔立ちはちょっときつめだけど、金色の髪はきらきらだし、リーエンリッテが宝物みたいに扱うからさ。そうやって、リーエンリッテに大事にされてるお嬢さんはかわいいよ。俺とおそろい」

「あなたの鱗もきれいだものね、人魚さん」

 そうやってわたしがはにかむと、公爵夫人に飼われているきれいな人魚の男の子は、「はいはい、ありがと」とそっけなく返すのでした。そしてにっと笑いながら尾ひれで、わたしにバスタブの水を浴びせるのです。

 わたしはきゃーっと甲高い声をあげ、笑いながら兄嫁の浴室を駆け回って、名前も知らない人魚の少年が仕掛けてくる、水しぶきを避けながらはしゃぐのでした。

 やがてねえさまが窓から光のさしこむ浴室にやってきて「お嬢様、お茶の時間よ」と手招くまで、わたしはねえさまの素敵な人魚さんに遊んでもらったものでした。

 猫足のバスタブに飼われた、公爵夫人の人魚姫。奇妙で奇特な公爵夫人の、呪い損ないの愛玩品。まろやかなすみれの双眸と、栗色の髪を肩に届かぬほどに切りそろえた人魚を、わたしがそれ以外の言葉で呼ぶ事はついぞありませんでした。

 だから人魚が聖堂に狩り出され、もうこの屋敷のどこにもいない今となっても……彼にとってのわたしは終ぞ、リーエンリッテのお嬢様。

 それを寂しいとは思いつつも、わたしは彼に名前を尋ねる事、彼に名前を名乗る事、どちらも躊躇われてしまったのでした。

 なにせその頃、わたしの生まれ育った家の、どこを探してもみあたらないと信じていた愛情が、あのバスタブと人魚を擁す、公爵夫人の浴室にだけは、あったので。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます