どちらかと言うと悪い魔法使いです

はな

アシュ=ダール編

愚者


 空から雪が舞い降りて、両手を広げて笑う彼女は美しかった。


「好きだ……」


 アシュ=ダールは思わず、口にしていた。


「……私もよ、アシュ」


 顔を赤らめながら、うつむく彼女。


「大切にする」


 そう言って、抱きしめる。


「……うん。私もあなたを大切にする。ずっと、ずーっと」


           ・・・


「僕もだよ、10年間、ずっと」


「……ん?」


 腕の中で彼女の声が疑問符に変わる。


「大切にするよ、世界中の誰よりも」


「……ごめん、アシュ。その前に、なんて言ったの?」


「好きだ……」


「その後!」


 さっきまで甘い声を出していた彼女の声が低くなる。


「……10年間」


 そう答えた途端、彼女がアシュの腕を離れた。


「ねえ、アシュ。なんで、10年間なの?」


「いや、だって……その……君、20歳だろう?」


「……だ・か・ら!?」


 彼女は100パーセント笑っていない作り笑顔を浮かべた。


「……老いていく君を見たくないんだ」


 アシュは遠い目をしてつぶやいた。









 壮絶なビンタが返ってきた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る