「 桔梗と東雲 」



二人が紅炎コウエンから下りて、並んで歩きながら家の門をくぐろうとした時と同じ瞬間、

家の中から 長く美しい髪と細身ながらも豊満で、色とりどりの装飾ところもに身を包んだ一人の若い女性が姿を現した。



花のように美しいその女性に、睡蓮スイレンは思わず瞳を奪われ 見惚みとれてしまったが

女性と白夜ハクヤは お互いが遭遇するとは思っておらず、思わず 顔を強張こわばらせた。



桔梗ききょう、来ていたの…!? 」


「 ……御帰りなさい ――― 前からの約束を守るために来たの。別に責めてるんじゃないわ……本当よ? 」


「 もう来ないかと思ってた…――― ありがとう。」



女性の名が『 桔梗ききょう 』という事は理解できたが、

何が " 約束 " で " ありがとう " なのか解らず、睡蓮スイレンは二人の会話を黙って見守る事にした。



「 今日はひとりじゃないのね…… 」――― そう言いながら、桔梗ききょうと呼ばれている女性が自分のほうを見た事に睡蓮スイレンは気づいた。

挨拶する出番かと思ったが、桔梗ききょうすでに その美しい瞳を逸らしていた。



「 これは…違うんだ! 彼女の記憶を取り戻すために、たまたま…――― 」


「 いいのよ、気にしないで…! 貴方あなたの自由だもの。

  ――― ちゃんと 貴方達の分も作ってあるから食べてね。」


「 君は帰るの? 」


「 そうよ、本当は今まで待ってたんだけど…――― もう行かなくちゃ。」



白夜ハクヤは 真っ直ぐ 桔梗ききょうのほうを見ていたが、

桔梗ききょうは、決して 白夜ハクヤ睡蓮スイレンとは目を合わせようとはせず

それまで、ゆっくりと歩いていた足取りも 徐々に 早いものへと変わって行く ――― 。


睡蓮スイレンの前を通り過ぎようとした瞬間、

桔梗ききょうは思い直したように足を止め、顔だけを睡蓮スイレンのほうに向けた。



「 あなたが白夜ハクヤが助けた女の子? 」


「 あ…はい!睡蓮スイレン…と申します ――― とりあえず。

  あの…はじめまして…ですよね? 」


「 私は桔梗ききょう。はじめまして…………… それじゃあ ――― 。」


「 あ…… 」


睡蓮スイレンに何か言いかけたのを ぐっとこらえて、桔梗ききょうは また進み始めた。

彼女と もうちょっと話してみたかった睡蓮スイレンは、少し残念に思いながらも彼女の後ろ姿を見送る事にした。



「 ごめん!睡蓮スイレン ――― すぐ戻るから紅炎コウエンの紐を持ってて!

  できれば、馬屋うまやに入れてくれ!

  わからない時は父を呼ぶんだ!中にいるはずだから!! 」


「 え? 白夜ハクヤさ……待っ…… ――― 」


紅炎コウエンの手綱を有無を言わせず睡蓮スイレンに持たせると、白夜ハクヤ桔梗ききょうを追いかけて走って行った ――― 。

去って行く二人の姿を見ながら、今朝も 今と同じような事があったような気がする・・・と睡蓮スイレンは遠くを見つめた。
















桔梗ききょう! お願いだから待ってくれ!話を聞いてくれ!!

 あのは昨日ようやく目覚めたんだ!

 俺とは今朝 会ったばかりで まだ何も知らなくて……

 それどころか、目覚める前の記憶すら無いんだ!! 」



白夜ハクヤの脚で桔梗ききょう に追いつく事など、容易たやすい事だったが白夜ハクヤえて桔梗ききょうの後ろを歩く事にした。

桔梗ききょうが怒っている時は、そのほうが良いのだ。



「 記憶喪失の事は、さっき 秋陽しゅうよう様から聞いたわ。

  あの娘に記憶があろうとなかろうと、良かったじゃない可愛らしいかたで!」


桔梗ききょう…――― 俺は…… 」


「 ああ、もう! ――― これじゃ急いで歩いてる私のほうが疲れるだけ!!

  ついて来るのは もうやめて!いいからほっといて!! 」



わめき終えると、桔梗ききょうは立ち止まり、うつむいて肩を震わせた。

――― その顔は泣いている。

白夜ハクヤは一瞬、彼女に触れても良いものか 迷いながらも後ろから彼女を抱きしめた。




桔梗ききょう、俺が好きなのは君だけなんだ…… 」


「 ………うっ…ぅっ…………っ……」


「 君じゃないと俺は嫌だ……。 」



泣き続ける桔梗ききょう白夜ハクヤは強く抱きしめた。

――― 桔梗ききょうが泣く理由は ただひとつ。

白夜ハクヤ睡蓮スイレンを助けた時の状況を彼から聞かされているからだった。















「 きゃあっ!!――― あ…あの、紅炎コウエン待っ…―――  」



白夜ハクヤ桔梗ききょうをなだめている間に、紅炎コウエンが勝手に動き始めた ―――

睡蓮スイレンの細腕では、紅炎コウエンの手綱を両手で握ったとしても

その圧倒的な力に引っ張られながら 歩くしかなく、

自分の身体より 大きすぎる紅炎コウエンを どう扱えば良いのか分からず

長く巨大な足に踏まれたり蹴られやしないか睡蓮スイレンの心は恐怖で一杯いっぱいになっていた。



( このままじゃだめだわ…… 先生か日葵ひまりさんを呼ばなくちゃ……!! )

―――――― 辺りを見渡したが、二人の姿は見えない。



「  あのー…!先生!! 秋陽しゅうよう先生!?  」




大きな声を出したつもりだったが、病み上がりの睡蓮スイレンに そこまでの大声は出せる訳も無く・・・・

それどころか、今の叫びで体力を消耗してしまい、紅炎コウエンが自由に歩き出して まだわずかな時間しか経っていなかったが、すでに睡蓮スイレンの体力は限界を迎えつつあった。



( ああ…どうしよう。めまいがして来た…… )









「 大丈夫だから、手を放してごらん? 」――― 意識が遠のきそうになる中、睡蓮スイレンは誰かの声が聞こえたような気がした。


( 気のせいかしら……? 私の願望が そのまま声になったかのような声が…… )










「 聞こえてる? ――― 紅炎コウエンは大丈夫だから手綱を離してごらんって! 」


「!?」――― 声がした瞬間、睡蓮スイレンは何かに引っ張られたような感覚になり、思わず紅炎コウエンの手綱を手放した。

ぐに持ち直そうと手を伸ばすも、想いとは裏腹に体力が追いつかず ―――

朦朧もうろうとしながら、闊歩かっぽして行く紅炎コウエンの後ろ姿を眺める事しか出来なかった ――― 。



(  どうしよう……!白夜ハクヤさんに頼まれたのに…―――   )

――― 眺め続けていると、紅炎コウエンは そのまま 自分の馬屋へと入って行った。


「 え…? もしかして、そこがあなたのお部屋なの……? 」と、聞いた睡蓮スイレンに返事をするかのように、紅炎コウエンが雄たけびをあげた。

は最初から彼女に頼る気は無く、自分で自分の小屋に帰り進んでいたのだ。


落ち着ける我が家に ようやく帰り着いた紅炎コウエンは、鱈腹たらふくと水を飲み始めていた。


( やっぱり、白夜ハクヤさんと紅炎コウエンは似ている気がする………。 )

 


深い溜息ためいきをつきながら、睡蓮スイレンは全身の力を抜いた ――― その時、

何時いつの間にか 自分が何かに持たれかかっている事に、ようやく 彼女は気が付く。




「 ね? 離しても平気だったでしょ ――― アイツ賢いから 自分でちゃんと帰れるんだ。 」と、頭上から声がしたので、睡蓮スイレンが驚いて後ろを振り返ると背後で見知らぬ若い男性がニコニコと笑っているのを目にする。


よくよく見ると、その男が両腕で睡蓮自分を抱き支えており、

自分が全体重をかけて持たれかかっていたのが その男性の胸板だったと知るや否や

睡蓮スイレンは 慌てて 男から離れた ――― が、体力の消耗からよろけてしまった。



「 おっと、大丈夫ですか?  」――― よろけそうになった睡蓮スイレンの両肩を、再び 男は両手で支えた。

紅炎コウエンに引き摺られて、倒れそうになった睡蓮スイレンを引っ張り支えたのもこの男だ。



「 ごめんなさい! 紅炎コウエンに気を取られていて気づきませんでした……。 」


「 こちらこそ、初めて会うのに驚かせてしまったみたいですみません!

 ………あれ?初めてかな…? ――― 前にどこかで会わなかった?

 いや、口説いてるんじゃなくて本気でそう思ってるんですけど…… 」



男は、眉をひそめながら睡蓮スイレンの顔をじっと見つめた ――― 。

白夜ハクヤほど華がある容姿では無いが、その男は端正な顔立ちで切れ長の瞳が美しく

花の香りのようなこうの匂いを漂わせている。


間近で見られる恥ずかしさから 睡蓮スイレンは顔を隠すようにころもの両袖を自分の顔の前に出した。



「 あの…私、ここに来る前の記憶が無いので……会っていてもわからないんです。ごめんなさい…。」


「 あ、その話は さっき 先生から聞きました。 ――― あなたがそうでしたか…!

  あ、俺は東雲シノノメって言います。よろしくね! 」

――― そう告げながら、東雲シノノメと名乗る男はにっこりと笑った。



「 …て事は、今ので 結構 疲れたんじゃないの!?

  君、昨日目覚めたんでしょ? 早く 休んだ方が良いよ!

  ったく、白夜ハクヤは患者さんに何やらせてんだ……! 」



東雲シノノメは馬屋の鍵をかけると、睡蓮スイレンの手を取り、 秋陽しゅうようの家屋の玄関に向かって歩き出した ――― 。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!