妹の友達と付き合うために必要なたった一つのもの

作者 白瀬曜

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読んでいてキャラたちが愛おしくなるまでが早い。なぜだろう?
不安感を起こさせない。どうしてだろう?
一話ずつでも満足感。
エンドはエンドで、あのエンドでもムカッともこない、というより「探してしまう」?何を?

なんだろー、どっか「めぞん」を感じさせ、でもあれから商業的に作られた危機感を取り除いた感じ?


**仕様上の注意**
空白行が無いため、最初は読みにくく感じます。
でもそのうちにかいk・・そのうちに慣れます。逆にそれで一種の変わったテンポができているかもしれません。
なので、まじすぐ慣れるんで、とりあえず読みましょう。気づくと10話くらい読み終えてますからw

★★★ Excellent!!!

タイトルを見て甘ったるい少女漫画みたいなのを想像しませんでしたか?

私はしました。

でも違うんです。全然違うんです。一切合切違うんです。

とりあえず二話まで読み進めてください。

そういうことかよ!

と突っ込み入れたくなること請け合いです。

そこで主人公の一人称にハマっていたらしめたもの。
きっとあなたは最後まで読んでしまうでしょう。


また、読みやすく、ラブ『コメ』に恥じないキャラ同士の掛け合いが面白い。


どうして他にレビューがないのか……甚だ疑問を抱きつつレビューを終わります。

もう最後まで読むしかありませんよね?