18 まるで永遠に終わらない雪かきでもしているみたいだった

『デブリ迎撃完了』

『右方向より大型デブリ接近』

『支援に向う』

 

 巨人『エンケラドス』での――連鎖爆破作戦は続いていた。

 

 僕たちは『巨人』から剥がれ落ちる隕石の欠片――デブリを、嫌というほど破壊し続けた。しかし、無数に降り注ぎ続ける黒い槍の雨は止まるところを知らず、破壊の濁流となって襲い掛かり続ける。

 まるで永遠に終わらない雪かきでもしているみたいだった。

 

 すでに疲労はピークに達し、精神的にも参りはじめていた。

 集中力の低下も著しく、それに比例して射撃の精度も落ちる一方。


 これまで一機で対応していた大型デブリも、味方機の支援がなければ撃破が難しくなるという状況で、何時いつこの迎撃シフトが決壊してもおかしくはないように思えた。そして一度決壊してしまえば、総崩れになってしまいそうな状況でもあった。


 僕自身も、ほとんど回りが見えなくなっていた。

 すでにレールライフルの弾薬は尽き、今は機体左腕に装着したギガントパイルのみでデブリの直接破壊を行っている。

 遠距離ではなく近距離での直接迎撃による負荷と疲労は激しく、もちろん機体にかかる負荷と衝撃も激しい。

 

 デブリを撃破するたびに、僕は目の前がかすんで意識を失いかけた。


「はぁはぁ。目がかすんできた。機体の制御が上手く行かないし、情報をうまく処理できてないぞ? ははっ――逆にハイになってきた。どんどこいっ。こっちにこいよっ」

 

 僕は、自分自身に発破をかけることで何とか意識を保った。

 強がりを吐くことで、なんとか気持ちを繋ぎとめた。


『――ギガス・ブレイカーの掘削軌道計算完了。これより爆破予定に重珪素穿孔杭アンカーを打ち込む』

 

残り時間が五分と迫った時――

リーダー機から、待ちに待った報告が届いた。


『3,3,1――アンカーを発射する。無事に杭の打ち込みに成功。軌道計算通り巨人の爆破ポイントに進んでいる』

 

 同時に、リーダー機から送られてきた映像とデータが、『拡張現実階層ARレイヤー』に映し出される。『重珪素爆薬』を積んだ長さ三メートル、太さ二メートルのドリル杭が、黒い岩盤を掘削しながら巨人の最深部に向って進んでいく。


『コマンドポスト機――こちら第七班。アンカーの打ち込みに成功した』

『コマンドポスト機より、第七班へ。アンカーの射出を確認したわ――杭の軌道及び、到達深部に修正の必要なし。よくやってくれたわ。これで、全『ギガス・ブレイカー』設置完了ね。第七班は早くここを離脱してちょうだい。爆破計算が終わり次第、速やかに爆破を行う』


 この巨人迎撃作戦の前線指揮官と――作戦の要の爆破計算を行うアリサの声が、七班の全員に伝わる。


『了解した。これより第七班は前線を離脱する。全員、前線を離脱次第――地球低軌道への降下準備を開始してくれ。これより、ギガント・マキアーは第二フェーズに移行する』

『了解』


 七班全員の了解が響き渡り、僕は前線からの離脱を行うべくフットペダルを踏み込もうとした、

 

 その瞬間――


 光学センサーが望遠で捉えたのは、リーダー機の足元が崩れ、沈んでいく光景だった。

 

 突如して激しくうごめいた岩盤が盛り上がり、津波のように辺り一面を飲み込もうとする光景。

 

 それは、無理な掘削による影響で引き起こされる『巨人』外殻の崩壊現象。

 蟻地獄のように沈んでいく岩盤と、針山のように突きだす断層による二重の沈下現象だった。


 リーダー機の『ヤクトドラッヘ』は、アンカーを射出し役目を終えた『ギガス・ブレイカー』ごと、それに巻き込まれようとしていた。


「――まずいっ、崩壊現象がっ」

 

 僕は咄嗟に操縦桿を倒し、スラスターの向きを変えて機体を横ロールさせると――急いでリーダー機の元に向かおうとした。しかし、それが手遅れであることは分っていた。


「クソッ、最後の最後でこんなこと――」

 

『秋水』は、崩れた岩盤が巻き起こす嵐のようなデブリが当たり一面を包み込み、砂のように微細なデブリの影響で視界の悪くなった『巨人』の上を猛スピードで進んでいく。

 

 リーダー機の無事を確かめるために。

 

 しかし最悪なことに、微細デブリのせいで通信が途絶され、各種レーダーの精度も著しく低下していた。これでは、現場につくまでリーダー機が無事なのかどうかも分らない。


『――こちらスバル機、リーダー機応答してくれ? 無事なのか?』


 やはり、各種レーダーやセンサーを使用してもリーダー機が安否は判明せず、通信にも反応は無い。そして、そんな混乱した状況のまま、光学センサーがリーダー機を最後に捉えた座標にたどり着く。

 

 それとほぼ時を同じくして、デブリによって乱れていた視界が回復する。


 そこで見た光景は――


 沈下した地盤と盛り上がった断層に飲み込まれて、ぐしゃぐしゃに潰された『ガンツァー』の姿だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます