第146話 7万?

 4:25分、スマホが鳴る…

 誰?

『通』である…

 ビス止め真っ最中の僕が出るはずも無い。


 定時で工場を出て、コンビニから電話をする。

「なに?」

「なにじゃねぇよ、なんか用か?」

「おう…就職おめでとう」

 昨夜、「就職した」とりあえずメールしたのだ。

『そうか新たな船出か送ろう和光同塵』

 今朝、メールの返信が入っていた。

 うん…46歳…派遣社員から脱却するために足掻いているのに…能力を隠してどうしろと?

 中年から経験を引いたら…マイナスだろ!!

「オマエはどうなんだ?」

「俺か…就職するよ、面接受ける…それで聞きたいんだけど…準社員って正社員なの?」

「……本気?」

「えっ?」

「違うよ…オマエ…そういうとこからなの?」

「なに?」

「オマエ、どういうとこ受けようとしてるの?」

「おう、月給7万で~」

「バカ!! そんな仕事…46歳だよ…考えろ」

「なにが、8時間だよ」

「当たり前だろ!!」

「8時間働けば正社員だろ?」

「………バカ…オマエ…8時間で月7万って…2週間くらいしか働かねぇんだろ」

「そうなる?」

「俺はさ、月10万あれば大丈夫」

「大丈夫じゃねぇだろ!!」


 働く気がないのだ。

 楽な作業を探しているだけ…


「オマエ…家も買えない…車も買えない…これからどうするの?」

「家はいらない、車は5万くらいで買える」

「オマエの家、築何年?」

「さぁな~、まだ住めるけどな~」

 数十年前になるが…すでに土壁がひび割れ、外から中が見えていた…ヒビだらけの木と泥で出来た家だった。


 水洗トイレにする金が無いからと地区で唯一、水洗化を断り続け、皆様にご迷惑をお掛けして、市役所の人が何か月も説得しに毎日やってくるという、困った家族なのである。


 そして爺さん…親父…『通』と3世代住み続け、誰も家を建てられないどころかリフォームも出来ないという筋金入りの怠け者である。


「やっぱあれ? 15万くらい稼がないとダメ?」

「シラネェよ…オマエの家の事だもん」

「どうすっかな…未経験OKでもいいとこ受けようか?」

「バカ…46歳、未経験で取るとこなんかあるかバカ!!」

「俺…相当ヤバイのかな~」

「頭、おかしい人だろ…オマエ…常識を学べ…キチ〇イだよ…」

「俺、頭おかしくもなるわ!! アレコレ言われてさ!!」


「もう…切るわ…てか…用も無いのに電話しないで…イライラするから…オマエがバカ過ぎて…それと、普通のヒトは4:25は勤務中だから…オマエは、ほら10時~15時で働けるとこしか探さないだろうけど…普通は8:00~17:00で探すからさ」

「おう」


 コイツ…仮病を引きずり続けて、どこまで行くんだろう…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます