第141話 通、会社を辞めるってよ

 長らく休んでいる『通』

 15:00過ぎに電話を掛けてきた。

 派遣先でビス止め真っ最中である僕に出れるはずもなく…夕刻に掛け直した。

「会社まだ行ってない、どうすればいいかな~」

 会って話をすると

 医者は農協とグルだ。

 会社から圧力をかけている。

 俺は悪くない。

 グダグダと在りもしない陰謀説を語りだす。

「診断書見せてみろ」

、本人が痛むと訴え続けるので、痛み止めを処方…』

 仮病じゃねぇか!!

「オマエ、どうしたいの?」

「会社辞めたい」

「じゃあ辞めればいい…」

「オマエに紹介してもらった弁護士に相談しようかな」

「うん、なにを?」

「どうしたらいいか」

「弁護士は、オマエがどうしたいか決めないと手助けできないからな」

「もう辞めたいんだよ、何もしたくないんだよ、俺悪くネェのに、なんでこんなに面倒クセェんだよ」


 もう働きたくないのだ。

 家で何もせずに同情だけほしいのだ。


 なんだろう…ニートまっしぐら。


「じゃあ、もう、辞表出せ…」

「そうだな、俺が会社辞めれば、丸く収まるんだもんな皆の為にそうするよ」

「皆は関係ない、会社も、オマエがウダウダ結論ださないからイライラしているんだ、いいか、オマエが被害届をだせば、個人対個人の問題で会社は関係ない、出さないなら見舞金貰って退職して終わり、その2択をオマエがウダウダ言ってるから、4ヶ月も結論出せずにいるんだバカ」

「そうなのか」

「もう会社にオマエの居場所は無い、金貰って泣き寝入りしろ、他人を訴える度胸も無いなら小金で口閉じろ、もう面倒くさいんだろ、自分が広げた風呂敷畳めないんだろ、診断書見ろ、もう医者も呆れてんだろうが、痛いと言ってれば会社にも行かなくてもいいしな、金が無くなったから困ってんだろう、もう引き伸ばせないの!!」


「俺、月曜日に辞表だすよ」


「そうしろバカ、撃つ度胸もねぇのに、落ちてた拳銃に手をだすなバカ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます