第128話 こだわってるの?

 新しくラブホに入ったバイト。

 僕の代わりに平日の深夜シフトを担当している若い女の子。


 もはや週一しか勤務してない僕

「最近ね、入った若い女の子…クリーニングの出し方が滅茶苦茶でさ…」

 クリーニング屋のドライバーからクレームが入った。

「あぁ…そうなの、言っておくわ」

 正直、嫌なのだ。

 本人と会うことは無いので、ラインで流すのだが…

(また桜雪が…)

 どうせ、そう思われるのだ。


 まぁでも、僕が思う所もあるのだ。

「なぜにシーツばっかり、溢れんばかりに発注するのか? そしてタオル類はギリギリしか取らないのか?」


 クリーニング屋にも言われた

「最近さ、シーツばっかり100枚単位で運んでるけど、何かあるの?」

「いや…何も無いよ…」

「だよね…忙しいならシーツだけってことないもんね」


 まぁ、正直、自分のシフトのときだけ間に合って、翌日の分さえ発注出せば問題ないのだが、とにかく在庫を把握するのが面倒くさいのだ。

「バランスわる!!」


 嫌々、ラインでクレームがあったこと、発注するときは在庫を把握するようにと流したわけだが…

(これで、また僕が悪者になるわけだ…バカ社長から睨まれるわけだ)


 ついでだ

「いいかげん夏の文字が入ったPOP剥がしました、賞味期限切れの在庫処分しました」

 これで、また毎日入っている連中から嫌味だと嫌われる。

「ホント…仕事しろバカ!!」


 ちなみに新人バイト、経済学部卒だとさ…何を学んでんねん!!

 シーツに僕の知らない法則でもあるのだろうか?


 PS

 バカ社長…ハインリッヒの法則、ABC分析…まったく聞いたことがないそうだ。

 なるほど、危機管理も顧客分析も関係ないと言い切れるわけだ。

「人間力」彼の大好きな言葉

 僕の大嫌いな言葉。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます