第127話 伝わってる?

「でね…安全靴が合わないんですよ」

「安全靴はな~歩くのには向かんわな」


 週末に2~3時間だけシフトが被る、バイトのおじいちゃんに派遣先の話をしていた。


「歩くのもツラくてね」

「だろうな~その足じゃ」

「バイト休みたいですよ」

「そうか…でさ、来週なんだけど、朝の9時までだよね」

「えぇ」

「12時くらいまで居れるか?」

「はい?」

「いや、シフト的にさ、2人じゃキツイんだよ」


 確かに週末は昼間から混むのである。

「…了解しました」

「助かるよ」


 なんだろう…ここのバイトは「大丈夫か?」とは聞くけど、僕の扱いが悪くないか?


 いや…まぁ…歩けないわけじゃないし…いいんだけどさ…


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます