第92話 ダイエット

「ダイエットしなきゃなんですよ」

 ホテルのバイトで19歳の女の子が真剣な顔で言う。

「ここで働いてたら痩せると思うんですよね」


 確かに忙しい時は汗が止まらないほどの肉体労働ではある。

「ラーメンとか禁止してるんですよ」

「我慢して、我慢して、食べる白いご飯が大好きなんです」

「ん?」

「だから、お腹空いて我慢して、その後に食べる白いご飯が大好きなんです」

「食べるの?」

「食べますよ、タラコとかで」

「タラコ?」

「はい、美味しいですよね~」

「食べたら…ダイエットじゃないんじゃない?」

「でも、我慢してから食べるんですよ」

「いや…食べるんでしょ」

「はい、3食ちゃんと食べます。健康的に痩せたいので」

「3食…あの…食べて痩せようって人は、食べるものに気を使っているんだよ、ご飯とか一番太りそうなんだけど…タラコもさ」


 1階の事務所で、そんな話をしていると、5階の部屋が数部屋空いた。

「行こうか」

「はい、じゃあ5階まで移動しますよー」


「なんで僕の隣にいる?」

「え?」

「いや…てっきり階段で行くもんだと思ってたから…ダイエットにさ」

「エレベーター…」


 しっかりエレベーターに乗り込む女の子。

「キミ…ダイエット無理だよ、全国の痩せたくて頑張ってる女子に謝れ、基本スタンスが間違っている」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます