第84話 在るべきもの

 昔の彼女さん。

 時折、要らないことを大きな声で言う。


 下りのエスカレーターに乗っていた、彼女さんは背が高く、前の男の人は背が低い。

 彼女さんは、自分よりチビが嫌いだ。

 ジィーッと男の人の頭を見下ろしている。

 2段高い所にいるし、彼女さんは背が高いのだ。


 男の人の頭頂部を指さしながら

「桜雪ちゃん、アタシ思うんだけど、在るべきところに、そこに在る物が無いというのは、とってもおかしなことだと思うよ」

 そこそこのボリュームで言い放った。


 男の人は禿げていたのだ…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます