第66話 アレやりたいねんけど

 連絡会の最中…

「桜雪くん、ちょっと、ちょっと、Y取締役が、突然、自分も参加するって言いだして…悪いけど対応頼むね」

「え~」

「いや~ワシも気になりましてん」

 20分もしないうちに飽きだしたY取締役。

「桜雪くん、アレやりたいねんけど…」

「アレですか?ダメです…取締役がやることではありません」

「ええやん…頼むわ、代わるように言ってくれへん」


 アレとは…時間になるとチンッと鳴らすベル係り。

 取引先の発表時間の終了5分前と終了を知らせるベル係り。

「15分経ったらチンしたらええんやろ、その後5分でチンチンやな了解や」


 5件くらいで飽きたようだ。

「桜雪くん悪いけど、タイマー見ていてくれへん」

「桜雪くん…代わってくれへん?」


 休憩時間が過ぎて席に戻ると…Y取締役逃げた。


 僕は淡々とベル係りを続けたのである。

 出張報告書…どう書こうか、それだけを考えながら、チンッを鳴らしていたのである。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます