世界で一番残酷な君と

作者 イーノテツヲ

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

☞陽光のオレンジがかった光は、反射することでやわらかな奥行きを君につくりだし、胸元まで伸びる黒髪は肩にかかることで、伏し目がちにして話す君をさらに細く見せた。
 このように、説明するものを丁寧に描写し、綺麗な表現で書いています。本当に綺麗な文章で思わず読みいってしまいました。
 誰でも出来る表現じゃないです。ぜひ、他の話も書いて欲しいですね。