壁の先には

作者 おっぱな

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ep7へのコメント

    国の成長、子供の成長。
    そして、われわれ読者がたった15cmの穴から先に何を見るのか、どこへ辿り着くのか。私には、そんなメッセージのように映りました。

    読者を信じ、託す。美しい締めくくりと存じます。
    読了させていただき、気付けば笑顔を浮かべていました!

    素敵な物語をありがとうございました。

    作者からの返信

    如月 仁成様

    貴重なお時間を頂き誠にありがとうございます。
    タイトルにも付けさせていただいた通り、壁の先にあるものは読者様それぞれが想像して貰えれば嬉しいです。
    締めが少しハッピーな感じなので、個人的には壁の先は恐ろしいものだといいなと思います。

    2017年6月29日 08:05

  • ep6へのコメント

    ロベルトが壁に入った理由に、しびれが来ました。
    見事としか言いようもない。
    さて、ここで登場しましたね……。

    作者からの返信

    如月 仁成様

    ありがとうございます。
    恋愛要素いれなきゃと四苦八苦でした(笑)

    2017年6月29日 08:00

  • ep3へのコメント

    面白いですね……。
    キャラクターも魅力的ですし、やり取り一つ一つが目に浮かぶようです。
    すでに三人が愛おしいw

    作者からの返信

    如月 仁成様

    ありがとうございます。
    書いている本人はロベルト以外の二人には全く愛着がなく、名前も毎回忘れてしまうのでそう言って貰えると嬉しいです。

    2017年6月29日 07:59

  • ep1へのコメント

    圧倒的! ぐいっと引い込まれました!
    ……あ、もちろん、壁に吸い込まれたわけではないですw

    自然且つ無駄のないハイレベルな文章構成にもすっかり脱帽です。

    作者からの返信

    如月 仁成様

    ありがとうございます。
    また、勿体無いお言葉誠にありがとうございます。
    これを励みに頑張ります。

    2017年6月29日 07:57

  • ep7へのコメント

    お邪魔します。
    そう、答えはこちらに託されたのだ――と、読み終えてから、もしかしたらと思い、淡い期待のまま完結の文字を確認致しまして、やっぱりそうよね、の気になる~です(笑)
    楽しいひと時をありがとうございました。

    作者からの返信

    かえる様

    私の拙い文章に長々とお付き合いいただき恐悦至極に存じます。
    また、勿体無いお言葉誠にありがとうございます。
    かえる様のお言葉を励みにこれからも執筆活動頑張って参ります。

    2017年6月25日 07:32