心の詩

バーバラ・C

 心の青信号

 肌寒い5月の雨の日だった


街中では、色とりどりの傘が開いて、

人々は窮屈な歩道を行き来していた

赤信号の横断歩道では信号待ちの傘がひしめき合う。


イライラする

隣の傘の雫が肩におちる

ツメタイ・・・。


前の傘が、よろめき私の傘とぶつかる

顔に雫が飛び散る

ツメタイ・・・。


いつまで このまま ここにいるのか

時は止まったのか

私は ずっと このまま 前には進めないのか


その時だった


青い傘の少女が、飛び出した


次の瞬間 信号機は 青になった


私は 少女に憧れを抱く

青い傘を手に入れなくては

時を止めたのは 自分自身


そして、現実に帰って来た。

希望を手に入れて。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます