会社に入ったら結構な頻度でゲイバーに行くことになった件。

作者 天野雫