安全日は安全だけど危険。

作者 渡辺ファッキン僚一