COBA:概念外生物管理局

作者 狭山ハル

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

製本版とこちらでの掲載分、両方拝読しました。
決して長くはないお話ながら、内容が濃厚です。

日常に潜む怪異と、引き起こされる事件を解決しながら語られるのは、登場人物の過去やそれぞれが抱えた思いです。
ミステリーのように事件の解決が中心というよりかは、人間関係の語りが中心に感じます。
自分は何者か、あの人は何を隠しているのか、過去の因縁とは、散りばめられた謎と葛藤にわくわくします。

また、それぞれのキャラの言い回しがとても好きでした。洋画っぽいというか、お洒落で、少しひねくれていたり……
キャラ同士の絡みも、仲の良さがわかるようなやり取りで、仲がいいところに芽生えた疑心とか、ぴりっとした雰囲気とか、とても生々しくて素敵です。

「不思議な生物を管理する公務員」のいるという世界観が発想からとても面白いなと思いました。

第2弾はあるのでしょうか……とても期待大です。
楽しいお話をありがとうございました。

★★ Very Good!!

人では無いものを取り締まる国家的な機関、という発想が素敵でした。特に、概念外生物の細かな設定がとても魅力的でした。今回はある種に限定したお話でしたが、ほかのお話も読んでみたいです!特に好きなのはルイのことですが、ここでは詳しく書けないので、ぜひ気になる方は最後まで読んで欲しいですね。文章面で、一文が長い部分と、俺や彼、が誰を指すのかいまいち掴めない部分がありました。そこを次作に期待したいです。素敵な作品との出会いをありがとうございます。