Section.10

 見知らぬ部屋の中、僕と彼女は向かい合って立っている。その間の距離は十五センチメートルほど。そして、彼女は刃渡り約七センチメートルのナイフを構えている。


 つまり、僕達の間の距離は、正確には八センチメートル程度といえるだろうか。


 いや、柄の長さも考慮すればもっと狭い。そして、万が一、彼女がナイフを押し進める気になれば、僕達の距離は限りなくゼロに近づくだろう。結果、僕が味わう羽目になる激痛については想像すらしたくない。


 以上が、僕達の置かれた物騒な状況になる。更に、ここにはある大きな問題があった。


 何故、こんなことになっているのか。僕にはどうしてもわからないのだ。


「―――これは単純なゲームです」


 急に、彼女が言った。僕は彼女と向かい合う。


 僕達の間の距離は、まだ十五センチメートルほど空いている。



 END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

僕とキミの15センチ ファミ通文庫 @famitsu

フォロー

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料