二者の視点じゃわからない

どんな色を使っても

君はダメだと言うんだ

どんな手を使っても

君は嫌だと言うんだ

僕が心を開いても

君は違うと言うんだ

僕が本音を呟いても

君は僕を跳ね除けて


にじり寄り這いずる僕は

まるで化け物じゃないか

そこまでしても君は

まだ一線をたてて


嫌われちゃいないのに

まるで可哀想じゃないか

そこまでしても僕は

まだ手を伸ばし続け


欲深い僕の行方は、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます