闇に至る病みに至る僕

点滴のように次から次へと

詰め込まれて重くなって

何処かから吐き出しているのに

感触は鈍く、虚ろになる


うなじに突き刺さったまま

どろどろと沈んでいって

無理矢理に振り払っているのに

融点は高く、現になる


私が初めて病んだ日

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます