木枯らし

このはな

第1話

 神社の長い石段のいちばん上。そこが、わたしの指定席だ。

 学校の帰りにいつも寄って、そこに座り、ぼんやりと時を過ごす。

 あたたかな小春日和のときも、木枯らしの冷たい冬の日も。

 雨の日以外は、毎日そこで過ごすことにしていた。


 いつのことだったろう。

 そうだ、もう三年も前の話だ。

 わたしはまだ高校生で、髪の色は真っ黒。スカートの丈も長く、今よりずっと野暮ったい女の子だった。

 学校でテストがあった日、下校中この神社の階段をのぼろうとしたら、

「あれ? 日渡やないか」

 と、ふいに声をかけられたのだ。

 気づいて振り向くと、中学生のとき同じクラスだった男子、末成くんが立っていた。

「よっ」

 末成くんは人なつっこく、ニッと歯を見せて笑った。

「久しぶり、元気だった?」

「う、うん、元気やったよ」

 なんだかドキドキした。

 わたしと同じぐらいの背丈だった彼が、わたしより高くなっていて、彼を見上げる視線の位置が変わっていたから。

 男子ってすごいなあ。中学を卒業してから、まだ一年もたっていないのに。こんなに大きな変化をとげるのだ。

 びっくりしてしまう。


 自慢じゃないけど、当時のわたしは本当に引っ込み思案で、男子と話をすることもなかった。

 女子校に通っていたので、臆病な性格にますます磨きがかかっていたのだと思う。

 ――あ、いたた……。

 彼を意識したとたん緊張して、お腹が痛くなってしまったのだ。

 むちゃくちゃピンチである。


 とうぜん末成くんは、こっちの事情など知る術がない。

「うちの学校、来週から期末なんだ。日渡の方は?」

 お日さまのような明るい笑顔で話しかけてくる。

 わたしはキリキリと痛むお腹をおさえながら、必死に平静を装った。

「へえ、そっかあ。遅いんやねえ。うちは今日からだよ」

「ひえっ、今日から?」

「うん、だけどテストのあと休みがあるから。今回は三連休になるんで、楽しみなんやよ」

 末成くんは、うらやましがった。

「いいなあ。私立は公立と違うんやな。おれなんかテストの終わった日から、さっそく部活だもんね。もうすぐ練習試合があるんだよ」

「練習試合? 末成くん、高校も野球やってるん?」

「おう。一年やから、球拾いばっかだけどな。あ、でも、代打で出るときもあるんやで」

 得意げに言う末成くん。

 わたしは、彼の足が速かったことを思い出した。

「そうかあ。末成くん、体育大会のとき、いつもいちばんやったもんねえ。今でも早いんやろうなあ」

 わたしがそう言うと、末成くんは、ちょっと照れたように鼻をこすった。


 しばらくは、なんとか会話を続けていられたが、そろそろ限界だった。

 ますますお腹の痛みがひどくなり、冷や汗が出てきたのだ。寒い冬だというのに、体が熱っぽく感じた。

 ひょっとして、風邪をひいてしまったのだろうか。

 いやだなあ、テスト中なのに。


 わたしは意を決して、彼に打ち明けた。

「末成くん、ごめん。わたし、お腹が冷えたみたい。家に帰りたいんやけど……」

 彼は、あ、と小さく声を出した。

「おれの方こそ、ごめん。気づかなくて。長話をするつもりは、なかったんや」

「いいよ。気にしないで」

「じゃ、ここで。おれんち、あっちだから」

「うん、ばいばい」

「おう、じゃあな」


 わたしたちは手を振りながら家のある方向へ、お互い反対の道を歩き出した。

 もう彼と二度と会うことはないだろう。今日みたいな偶然が起きなければ。

 振り返って、そっと彼の背中を見る。末成くんは寒そうに身を縮め、片手をポケットに突っこんでいた。

 ばいばい、末成くん。

 心の中だけでもう一度、彼の背中に向かって、さよならを言う。

 そして、前を向き、タバコ屋さんの角を曲がろうとしたとき。

 後ろからバタバタと走って来た誰かが、わたしを追い越して立ちふさがったのだ。

 思わず足を止めて、視線を向ける。

「末成くん」

 さっき別れたばかりの彼が、わたしの目の前に立っていた。

「どうしたの?」

 自分の方から追いかけて来たくせに、末成くんは困ったような顔をした。「あー」とか「うー」とか言って口ごもる。なぜだか彼の顔は真っ赤だ。

「末成くん……?」

 お腹の痛みを我慢しつつ、辛抱強く待っていたら、末成くんはいきなりスポーツバッグを道端に放り出した。制服の上着を脱ぎ、続いてセーターも脱ぐ。

 わたしは驚いて、彼の顔をまじまじと見つめた。

 と、彼のくちびるが動く。

「えっ?」

 一瞬、何を言われたのかわからなかった。すぐに訊き返す。

 木枯らしが吹いて、歩道に落ちていた枯葉がひらひらと舞った。

「これ、着ていけよ。寒いから」

 末成くんの声が、木枯らしの中へ吸い込まれて消えていく。

 彼の手には、今脱いだばかりのセーターが握られていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます