創死者の潰えた夢

作者 饗庭淵

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

隕鉄衝突により明るみに出た、〈創死者〉による世界支配計画。
内部犯罪調査室は、敵が人類社会に潜入していることを知る。

背景に確かな歴史と、魔法理論のある世界。
異世界ファンタジーなので、敵は人外ですし。
剣や魔法のバトルも大迫力なのですが。
「内部犯罪調査」ってところが、面白さの肝だと思います。
資料を読み解いたり、魔法的な科学分析をしたり。
国家の要所に潜入している敵を欺き、出し抜いて。
いかにして人間以上の能力を持つ相手を倒し、捕らえるか?
各々の持つ固有魔術を生かして作戦を立て、きっちり型にはめる。

調査室は、人類は、果たして彼らに勝てるのか?
お薦めです。

★★★ Excellent!!!

主人公が延々独り言で世界設定を語る異能バトルモノでなく、
後付け設定の羅列で解決するようなサスペンスモノでもないので、
おっさんでも最後まで楽しく読めました。
「父親」それぞれが渋い!

キールニールの目覚めに間に合うのでしょうか・・・

★★★ Excellent!!!

偶発的事故により打ち砕かれた陰謀の痕跡を追う話……ということで、調査や考察が中心になるのかな?と思いきや、そこも見どころですがそれだけではなく、残党とのバトルや交渉もアリ。仕様や制限が明確な異能を駆使して目的を果たしていくのも面白く、ロジカルな異能バトルや理知的な読み合い・騙し合いが好きならきっと楽しめると思います。

ファンタジーとしての世界観も練られており、独自の魔術理論などを読むとテンションが上がる「設定萌え」の方にもオススメです。「永続海底研究都市」などという文字面にワクワクするなら是非。

★★★ Excellent!!!

天網恢恢疎にして漏らさずというか、因果応報ではあるわけなんですが不慮の事故で何もかもおじゃんにされてしまった敵側のキャラクター達にどうしても同情する気持ちが湧いてきてしまいました。