終焉機ヴィクティム

・タイトル

終焉機ヴィクティム

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882840681


・作者

梅上先生


・公開状況

完結済(全89話 、588,619文字)


・あらすじ

主人公が目覚めた場所は、古代兵器の中だった。

前後も理由も、そして状況もわからないなかでの、戦い。

そう、世界は謎の敵ASIDによって滅びにひんしていたのだ。

既に人類は、男が数人しかいない極端な状態に衰退。

そして…主人公と共に眠っていた古代兵器は、巨大ロボットだった!

世界の終焉から今、自分を探す旅が始まる!


・オススメポイント

 ASIDと呼ばれる宇宙からの外敵により、人口の99%が崩壊した世界が舞台になります。そんな時代に突然目覚めた主人公は、何故か人型機動兵器に乗ってました。そう、ASIDと戦うための兵器に乗っていたのです。そして始まる、終末の世界での戦い。既に人類は男性が激減、僅か数人しかいません。そこまで極端な人口比となって、よほどのことがなければ数世代先に滅亡が待っている……それでも、ASIDと戦うことを選ぶ主人公。それは、ただ座して滅びを待つだけではいられない、人間の生存本能と生きる尊厳なのかもしれません。オススメです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます