蒼の音。空のうた。

finfen

序章 魔法の瞬間。

第1話 Introduction ─in the Blue Note ──




「母ちゃん。今日はお客さん少ないからさ。

ちょっと行って来てもいいかな?」


「あぁいいよ。もう15時だし、ゆっくりしといで。

気をつけて行くんだよ?」


「さんきゅ母ちゃん!

晩メシは俺がするからな。帰りに食材も買って帰る。」


「頼んだぜ!

蒼音そうと? みんなぶっ飛ばしてやんな!」


「ったりめーだ。じゃぁ行ってくる‼」


背中に相棒を担いで、愛車のマウンテンバイクに飛び乗る。

いい天気。

3月も終わりのほの温かい空気を切って、目指すはいつもの場所。駅前の噴水広場。


俺の名前は桐野蒼音きりのそうと

公立中学校に通ってたごくごく普通の15歳だ。


というのは、もう卒業式も終えて、4月からは晴れて公立高校に進学することが決まっているから。

成績は中の下ってとこかな?

お隣で幼なじみのあおいの協力で、なんとか無事に受験も突破した。ギリギリだったけれど。


身長は170センチ、体重は54キロ。

わりと中学生にしては大きいほうだったと思う。

得意教科は音楽。でも、勉強となると苦手。

部活は帰宅部。クラブはギター部だった。

今は入学前の自宅待機中なので、母ちゃんがやってる自宅のお好み焼き屋を手伝いながら、こうして駅前噴水広場とを行ったり来たりしてる。


桜がちらほら咲いてるな。

この季節は一年で一番好きだ。

空も地面も、街が一面ピンクのカーテンとじゅうたんで染まり、空気はいいにおいが漂う。


お日様のにおい。

なんだかじっとしてられないにおい。

じっとしてたら胸が詰まって息苦しくなる。

だからこうして相棒と、いつもの場所に向かうんだ。



「そーと!待ってー!」


春風に鼻をくんくんしながら、長い坂道を下っていると、ふいに後ろから声が聞こえた。

幼なじみのあおいだ。

俺はスピードをゆるめ、あおいが来るのを待った。


「おー。あおい。 何してんだ?」


キキっと大きな音がして、あおいが隣に並んだ。


「さっきお手伝いしようと店に行ったらおばちゃんが、そーと駅前だから行ってきなって。……あんた頭ボサボサじゃないの。ちょっとはセットくらいしなさい。人前出るんでしょ?」


「知らねーよ。髪型なんてどーでもいいんだよ。お金さえ落としてってくれりゃそれでいいんだ。……お金ちょっと早く欲しいしさ。」


「…もぅ。ちょっと声かけてくれたら私がセットしたげるのに…。」


と、ふくれるあおい。お前は世話女房か。

俺はひとつ嘆息してまた走り始める。


「あっ 待ってよー。私もそーとの音聴くー。」


そう言って軽やかなショートを風に流して嬉しそうについてくるこいつは遠藤葵。

遠く生まれた時からの腐れ縁。いわゆる幼なじみってやつだ。

家はお隣さん。保育園幼稚園小学校中学校すべて同じ。

そしてこの度、無事に同じ高校に通うことが決まった。

ほんとマンガに書けるほど10プレオブ10プレな幼なじみ。

黙ってりゃそれなり以上に可愛いし、面倒見はいいし気だてもよくて、成績優秀。スポーツ万能。ちょっとチビだけどスタイル抜群。才色兼備。うちの母ちゃん仕込みで料理も上手い。だから男女問わずモテる。実際、そんなモテモテなあおいをずーっと隣で見てきた。


とは言え、誰か特定な彼氏なり恋人なりを作ったことはなく、誰にもなびかず、誰にも分け隔てなくずっと過ごして来てる。

俺も一度だけ友達の友達を紹介したことがあったけど、何だか微妙な顔をして、やんわりと断りやがった。腹立つ。


じゃあ、そんな10プレな幼なじみだったら、俺が恋愛感情を持っていないのか?マンガみたいに?って声が時々周りから聞こえては来るんだよ。

だけど答えはNOだ。

俺は忙しいんだよ。

父ちゃん早くに亡くしてから、母ちゃんが一人きりで頑張って俺を育ててくれてんだ。そんな悠長でのんきなことやってられねーって。


あおいも、あおいんとこのおっちゃんおばちゃんも、ちゃんと知ってくれてるから、家族ぐるみでうちを助けてくれて来た。

ほんと、こいつは、何でも勝手知ったる家族なんだ。兄妹?姉弟?みたいなもんだ。

だから、早く一人前になって、母ちゃんやおっちゃんおばちゃんやあおいを楽させてやるのが、俺の確固たる目標。みんな俺が守る。


それが父ちゃんとの絶対の約束で、俺の揺るがない信念なんだ。



****************



駅前のロータリーを抜け、駐輪場にチャリを置く。

今日は平日だし、さすがに人も疎らだ。

いつもの場所、噴水のベンチも空いてる。ラッキー♪

あおいといつものようにベンチに陣取る。


「そーと? いつものヤツいる?ポカリ。買って来ようか?」


「ああ。忘れてた。頼むわ。」


「うん。でも私が帰るまで始めたりしないでね。

受験も終わったし卒業式済んだし、久しぶりに聴けるんだから。そーとの音。」


「へーい。準備だけして待っててやるよ。」


「ん。ありがと。行って来るね。」


少しヒラヒラしたミニスカートをひるがえし、ジャンプする様に駆け出すあおい。

お前。短すぎじゃねーか?まあレギンスはいてるけど。


肩にしょってた相棒を降ろして取り出す。

俺の今一番のお気に入り。

オークションでしかもう手に入らない名機。

ずーっと探してて、去年あおいがネットで見つけてくれて、念願叶って手に入れた。

その名も『Hyper Zo-san』

フェルナンデスが誇るスピーカーギター。

今はもう造ってないそうだけど、歪み系、空間系、ディレイ系の各種エフェクト内蔵、チューナーやリズムボックスまで付いてる優れものだ。


チューニングはEADGBEのレギュラーチューニング。

敬愛するエドワード・ヴァン・ヘイレンに習って、出来るだけダウンチューニングやオープンチューニングは使わない。

使っても、6弦だけ1音下げるいわゆるドロップDだけ。

そりゃ、デイヴがシンガーの初期の頃は、よく半音全音下げチューニングしてたけどね。

でもやっぱ俺は父ちゃんの影響で、サミーがシンガーの時代のVANHALENに出逢ったから、このレギュラーチューニングが一番好き。何より弾きやすいから。


さて、準備万端。

あおい待てねーな。演っちまおうかな。

うん。待てない。

いくぜ相棒。ボリュームは全開だ。

最初は……そうだな…。VANHALENの『5150』!

じゃぁドロップDチューンにして…


「──────────♪♪」


かなり速めのキャッチーなリフが弾いてて心地よい。

けっこう指も開くし、速くて難しい曲だけど、何より元気の沸きだすようなキャッチーなメロディが大好きなナンバー。86年の隠れた名曲のひとつ。

駅前を通る人たちがしだいに集まり始める。

ソロパートを弾く頃にはけっこうな人垣が出来た。よし。

いっちょやったるか。


「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪!!!!」


爆撃のような超高速タッピング。

1音すらミストーンしない。エドワードが得意とする変態的な変拍子で、次々と指が連れてってくれる音を高速でなぞっていく。

そして最高潮。フィナーレに向けて突っ走る。思わず歌ってしまう。


「I meet you half the way♪」


最後のリフレイン。アドリブで大好きなフレーズをこれでもかって決めてやる。

タッピング。ハミングバードピッキング。ハーモニクス&アーミングで決まり。


「──────────♪♪」


通りの人垣から大歓声。拍手の波。

次々とギターケースに小銭を入れてってくれる。さっ 札もあるぜ。


いつの間にか出来た人だかりで、噴水広場が埋まっている。

中にはハードロックファンな人も居たりして、口々に賛辞を貰える。

よしよし。掴みはOK♪

次はっと……。


「そーと!ズルい‼ あたしが帰るまで待ってくれるって言ったじゃん!」


人だかりをかき分けながら、コンビニ袋を持ったあおいが帰って来た。


「ごめんごめん。我慢出来なかった。ははは。」


「もぉぉ。バカそーと!

……でも、相変わらず凄いよね。この人だかり。

いっぱい貯まったじゃん。一曲で。良かったね。」


今日のオーディエンスは金払いがいい。当たりなにおい。


「今夜の晩メシ材料代が出たみたい。

もぅちょい頑張ってあおいの好きなモンサンピエールのチョコケーキ買ってやるよ。」


「マジで?! ありがとそーと!」


ぴょんぴょんジャンプして喜ぶあおい。見えてる見えてる。まぁレギンスはいてるけど。


「また来てんなー?ギター少年。」


人垣の中から声がかかる。常連客のダイゴさんだ。

40歳くらいかな?大学の助教授をしてるらしくて、すごく音楽に詳しい。昔はバンド組んでベーシストやってたそう。


「へへ。ちょっと晩メシ代稼ぎにね。ダイゴさんは大学帰り?」


「そうだよ。今日は結構早く終わったからね。おかげで良いもん聴けた。今時5150なんてしぶいねー。さすが蒼音くんだ。音もちゃんとエディ節だったし、トリハダ立ったよ。ね?葵ちゃん。カッコ良かったね?」


「ダイゴさんだ!こんにちわー!

カッコいいに決まってますよ!

そーとのギターは世界一ですから。」


「あらら。べた褒めだね。

まぁでもほんと、蒼音くんのギターは世界に通じると思うよ。僕も結構色んなジャンル聴いて育ったけど、こんなに正確でかつバリエーションに富んだプレイヤーってなかなか居ないからね。やっぱり蒼音くんのお父さんが凄い人だったからかな。日本が誇る世界の名プレイヤーだったもん。誇りに思ってるよ。」


「父ちゃんのこと誉めてくれんの嬉しい。俺の永遠のギターヒーローだもん。」


「そーとはおじちゃんのギター聴いて育ったからねー。カッコ良かったなぁおじちゃん。

あたし音楽はよく分かんないけど、そーとのギターっておじちゃんの音にそっくりだよ?どんどん似て来てる。中身はぜんぜんだけどねー。悪ガキお子様って感じ。ふふふ。」


「うっせー。ホルスタインチビ。」


「ほっ ホルスタインチビとは何よ?!

ギターバカ‼」


「それ。俺には誉め言葉だから。さんきゅー。」


「うぅぅぅ…。鈍感低脳ギター侍!超絶技巧高速オナニーザル!」


「おいおい葵ちゃん。そんな可愛い顔でそれはちょっとヤバいんじゃない?」


「大丈夫ですよダイゴさん。こいつ中身はエロエロなんで。ほんと。高校に入ったらすぐに妊娠しそうで怖ぇよ。」


「そーとの前だけだもん。大丈夫よ?

ちゃんと優等生するもん。」


「……なんだか怖いなぁ。蒼音くんも心配だねぇ。こんなに可愛いからね。」


「はぁ。まぁちゃんと見張ってますんで。」


「それよかそれよか!早く演ってよ!そーとの音が聴きたいの!早く。」


「…へーい。あおいなんかリクエストあるか?」


「うーん…。

あっ。三年生を送る会で演ってたあの曲聴きたい‼

なんてったっけ?外人さんのゆるめのバラード!」


「……お前…。頭良いんだから曲名くらい覚えとけよ…。

了解。BONJOVIの『Never say goodbye』だよな?」


「へぇ。そんな懐かしい名曲演ったんだ?

さすが蒼音くんだね。僕も聴きたいな。」


「OKダイゴさん。じゃぁチューニングレギュラーに戻すから……。」


「そーと?ちゃんと歌ってね?フルで。」


「えー。歌付きかよ。

てきとーにしか歌えねーぞ?」


「いいよ。あたしそーとの歌好きだもん。

隣でゆっくり聴いてるから。早く演ってー。」


「はいはい。んじゃいくよ。」


リズムボックスで60くらいのゆったりとした8ビートを鳴らして、美しいイントロのフレーズを絡める。


BONJOVIが世界でブレイクした85年のalbum、『Slippery when wet』の壮大なバラードナンバー。

さよならは言うなよ。って歌うロマンチックなバラード。

ギターだけならアコギの弾き語りがいいけど、この相棒なら歪んだ音でソロも取れる。


「─────♪─as I sit this smokingroom♪」


父ちゃんが大好きだったナンバー。

頭で弾かなくても指が連れてってくれる。身体中が覚えてる。


夕暮れの駅前に響くオレンジ色の温かい音たちが、道行く人たちの足に絡んで、しだいにその世界の中に惹き付けていく。


「holdin'on to never say goodbye─♪」


ギターソロはメロディアスで、ピッキングハーモニクスを多用しながら、ハードにメロウに歌いあげる珠玉のソロ。

ラストの高速トリルはあえてタッピングに代えて、より高速でよりメロディアスに 歌う。


「─♪holdin'on we've got to try♪holdin'on to never say goodbye──♪♪」


オーラスのシャウトは完璧だ。

あとはメインフレーズを壮大に。

最後のAを弾いてあおいに笑いかけると、ぼろぼろ泣いてやがる。なんだよお前。


聴いてくれてるギャラリーに礼をして曲は終わり。


「BONJOVIの曲でした!みんな聴いてくれてありがとう!」


また拍手喝采が湧いた。

じゃんじゃん小銭が入る。ありがとねー。助かります。すき焼きしよっかなー♪


泣き腫らした目であおいが呟く。


「…ほんと…自覚しろよバカ…。」


「むむ。なんだって?

ちゃんとリクエスト応えただろ?

なんでバカ呼ばわり……」


「はは。僕は葵ちゃんの気持ち解るなぁ。ね。葵ちゃん?」


「いーんですよダイゴさん。いつまでもお子様ちゃんですからそーとは。」


「あーお前。ひでぇ。ってか二人してわけわかんねーよ。ふんだ。もう店じまいするもんね。」


「そうか。また聴けるの楽しみにしてるからね?

遅くなったけど高校進学おめでとう。頑張るんだよ。」


「うん。ダイゴさんも学校頑張ってね。また近いうちに来るよ。」


「ありがとう。葵ちゃんも頑張って蒼音くん見張ってね。」


「…もぅ。ダイゴさんには敵わないなぁ。

うん。頑張ります。ありがとうございます。」


「じゃぁモンサンピエール寄ってスーパー寄って帰ろうぜあおい。晩メシ手伝え。」


「わかってるよー。ふん。」


もぅすっかり暗くなりかけたトワイライトタイムの駅前。べーっと舌を出すあおいの手をひいて噴水広場をあとにした。



****************



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます