カクヨムコン3に応募してみます

 任務の場所はなんと豪華客船。

 甲板では盛大なパーティーが開かれている。


「でっかいなー。前に見た宇宙船くらいあるぞ」


 はじっこで夜の海を見ながら、なんとなく思ったことを口に出す。


「なんで宇宙船なのよ。漫画の見すぎよ」


 全員着飾っている。俺も高級なスーツ。

 女性陣はドレス。なんかこういうの久しぶり。


「私のドレス姿、どうですか勇太さん?」


「ばっちりだ。それなら客だと思われるだろ」


「そうではなくてですね……」


「あんたもそっち側か……」


 なんかエリゼががっくりしているし、フランは呆れ顔だ。


「オレも似たようなこと言ったら、フランが凄え不機嫌になったぜ」


 全員分の飲み物を持った龍一がげんなりした顔だ。

 こういうところでさり気なく気が利くのが、龍一の隠れた長所だろう。


「どういうことだよ」


「わかんねえ」


「はいはい、もう期待はしないわ。任務のおさらいよ」


 任務内容をまとめよう。

 その一、豪華客船のパーティーは悪忍も来るっていうか主催との情報あり。

 そのニ、どうやら幹部クラスが何やら企てて集まるらしい。

 その三、上忍を大量に送り込んでいるが、顔が知られている可能性大。よって学生を数名入れる。

 その四、逮捕までいかなくとも、敵が何をしようとしているのか、客に紛れて調べてこい。


「下手すりゃ敵地のど真ん中ってか。そりゃ低ランクを入れるわけにはいかないな」


「そうよ、これは重要な任務なの。緊張しているでしょうけど、戦闘はあたしと龍一に任せてもいいわ。情報と証拠を持って学園に逃げてくれればいい。大切なのは全滅を避けて、任務を達成することよ」


「退路くらいオレとフランで作ってみせるさ」


 ちょっと死を覚悟しているな。だが死なせない。忍者学生やっていても、俺の心は勇者だ。目の前で死人なんぞ出してたまるか。


「そうか。なら俺も二人を守るよ」


「私も頑張ります。みんなで帰りましょうね」


「ふふっ、そうね。みんなで帰りましょ」


「うっし、いっちょやってやるか」


 胸を張る龍一の、ちょうど腰に見える装備が気になった。

 なんかかっこいいけど、ちょいとでかいベルトをしている。


「何だそのベルト?」


「これか? ヒーローには欠かせない変身ベルトさ。学園で欲しい装備くれるっていうからな。特注して忍具にしてもらったんだ」


「なんか昔の特撮のやつだって、あたしは興味ないってのに語ってくれたわね。いい年してヒーローごっこって……」


「いいんだよ。これがあるからオレはヒーロー目指せんの。心の師匠に認められた証なの。オレの強さの根源だ」


 なんだろうな。どこかで同じものを見たような。

 いまいち思い出せん。


「なーんか見覚えあるんだよなあそれ……」


「ガキの頃に見たんだろ。大人でもはまるから、もう一回見てみな。クオリティ高いぜ」


「そりゃ面白そうだ」


 特撮とかヒーローアニメとか漫画好き。

 こいつらみたいなりたいなーって思っていた頃もある。


「はいはい、そんな話は家でしなさい家で」


 フランによって現実へと引き戻された。

 つまらなそうだな。やっぱり女の子には賛同者が少ないジャンルだろう。


「あんたら前の学校で有名だった?」


「いや全然。超無名だよ」


 というかどこにも名前なんて無いよ。別世界の住人だし。


「そう、都合がいいわね。まさかあたし達に匹敵する無名がいるとは思わないはず。なるべく隠し玉にしたいわ」


「オレも賛成だ」


「そうだな。じゃあ俺とエリゼは甲板と船内をふらっと回ってみるよ」


「ダメよ。あたしか龍一と行きなさい」


「なぜに?」


「あんたら初任務でしょうが。ちゃんとプロとして対処できるわけ?」


 なーるほど。そりゃそうだ。

 勇者としてならできる。だが特忍としての動きはまだ曖昧。

 大人しく従おう。


「じゃあ龍一と行くか」


「女の子二人はどうなんだ? オレがエリゼと行ってもいいが……」


 下心無く純粋に心配しているな。

 ここ数日で人柄が理解できてきた。こいつ色恋に興味がない。

 というか立派なヒーローにもなっていないのに、女にうつつを抜かすなど言語道断というタイプだ。


「あんたらAランクでしょ? あたしはSランク。問題なし。女の子じゃなくて特忍学生Sランクよ」


「んじゃ俺とフランで」


「オレとエリゼだな。よろしく」


「よろしくお願いしますね」


 こうして行動開始。まず動きやすいように甲板に人を集める方法を考える。


「なあ、あの一画だけやたら盛り上がってないか?」


 人が集まり、音楽が流れている場所がある。

 有名なバンドでもいるのだろうか。


「ありゃ音楽対戦だな。自信のあるやつが勝負ふっかけて、勝つと演奏を続けられる権利を得る」


「妙なことやってんなあ……飛び入り歓迎ってことか?」


「そうね。招待客なら制限はないわ」


「そいつはいいことを聞いた」


 俺の後ろに仮面の男が歩いてくる。

 それを見て警戒し始める特忍組。


「誰?」


「俺の分身だよ。顔は作っていない。仮面しときゃばれないだろ」


 分身の術で作り出した。

 別の時間軸で作って差し込んだため、分身するところは見られていない。


「それをどうするんだ?」


「飛び入り参加させるのさ」


 バイオリンを持たせた。結構お高いやつだったような気がする。

 久しぶりにアイテム倉庫から出したんで覚えていない。

 格ゲーの基盤や歌舞伎で使う衣装とかの横に積んであった。


「あのねえ……分身っていうのは万能じゃないのよ? 操作しないといけないし、本人ができないことはできないわ」


「なら問題ないな」


 伊達に別世界でミリオン歌手だったり、ハリウッドスターだったり、居酒屋の流しとかやったりしちゃいない。

 仮面の男に驚いていた観客も、俺が演奏を始めると静かに聞き入っていく。


「お……おぉ……凄え。素人のオレでもわかるぜ。超うめえ」


「あんた妙な特技があるわね。やるじゃない」


「綺麗な音……素敵です」


「いつまでも聞いてないで行くぞ」


 そんなこんなでフランと船内へ。どこもかしこも豪華だね。


「幹部が何をしているか情報は?」


「無いわ。だから探すのよ。少しは警戒しなさい」


「普通にしてりゃいいんだよ。俺達は客なんだから。誰か来ても、船内を探検して遊んでますとかでいい」


「子供みたいじゃない」


「まだ子供だろ。それを活かすのさ」


 使えるものは使っていきましょう。それも忍の極意……だったりしないかな。


「船内の探索って難しいのよね。極端な話、客室全部開けて回るわけにもいかないでしょ」


「貨物室とかどうだ? 怪しいコンテナとか定番だろ?」


「面白そうね。乗ったわ」


 そんなわけで船倉へ。ここまで誰にも不審者扱いされていない。

 そもそも人通りが少ないし、軽く会釈して通るだけ。


「ここから忍んでいこうか」


「そうね。緊張するんじゃないわよ。リラックス」


「おう、胸を借りるぜ。先輩」


「ふふん、いいわよ。先輩にどーんと任せなさい。守ってあげるわ」


 大量のコンテナがある場所へついた俺達は、カメラの死角に入って行動する。

 大小様々なコンテナが置かれており、とても広い空間だが、忍ぶのは容易い。


「見張りがいない?」


「みたいだな。どうなってんだか」


「中身が無いとか。どうでもいいとかかしら?」


「そうだと……ん、なんか邪な気があるな」


 一際大きなコンテナから、なんだか人外の悪い気配がする。


「わかるの?」


「ああ、中に入ってみるか?」


「どうやって?」


「瞬間移動」


 音もなく、魔法陣の発動もない。忍術じゃないから霊気のセンサーっぽいものがこの世界にあっても反応しない。おそらくこれがベスト。


「できるの?」


「ああ。見てこようか?」


「無理はしないで。一度見て安全そうなら、あたしも連れて行きなさい」


「了解」


 そして真っ暗なコンテナの中へと、内部を確認してから飛ぶ。

 そこにはでっかい水晶の像があり、手には何かの巻物が握られている。


「こいつは……危険だな」


 とびきり邪気が強い。俺か、神職に精通している特忍なら見抜けるだろう。

 良くないものだと一目で分かる。

 一旦フランのもとへ戻り、報告完了。


「それ以外に罠は?」


「無し。行くか?」


「お願い」


 今度は二人でコンテナへ。

 ライトの明かりをつけてやり、像を見たフランが、慌てて口元を抑えて声を消す。


「見覚えありか?」


 ゆっくり頷いている。目を見開き、冷静に観察を続けてから、小声で話し始めた。


「最悪よこれ」


「妖怪か邪神の像っぽいもんな。嫌なデザインだ」


 和風に例えるなら仁王像かね。それを禍々しくした感じ。


「それもそうだけど、問題はあの巻物よ。最重要機密リストで見たわ。秘伝の忍法書。妖怪を集めて、吸収・生成して、使役する。そのために禁忌に触れたもの」


「最強妖怪合成アイテムってことか」


「ええ。最終的にはこの像が妖怪の器になるはず。やばいわね。幹部が来てるって噂。信憑性が出ちゃったわ。学生でどうにかするもんじゃないわね」


「撮影完了。学園に送るか?」


「こっちも撮ったわ。一緒に送っておくわよ」


 二人とも撮影したものを説明付きで学園へ送る。


「さて、この像壊していいものか?」


「ダメよ。ここまで嫌な感じが強いんじゃ……よくないことが起きる。取扱が難しすぎるわ。幹部クラスに見つからないうちに……」


 そこでコンテナの扉が開く。反射的にフランを抱えて瞬間移動。

 扉から死角になる位置へと飛んだ。


「あっぶね……おい、あいつに見覚えは?」


 コンテナを開けたのは金髪で筋肉ムキムキな……アメリカ人かな。

 二人組で風貌が似ている。兄弟だったりして。


「光鬼と音鬼……Bクラス賞金首の闇忍よ……」


「どうやらすばしっこいネズミがいるようだね」


 どこか凛とした、それでいて柔らかいという不思議な声がする。成人男性の声だろう。

 何かがぶつかる音がして、像のあるコンテナ以外が消えた。


「おやおや、これはこれは……最近部下の報告でよく目にするSランク特忍の、確かフランさん……だったかな?」


 黒いスーツを着て、黒髪オールバックでサングラスの男。

 見た目的には三十代ってところか。


「嘘でしょ……」


 フランの顔が一気に青ざめる。どうやら只者ではないらしい。


「ゲハハハハハハ!! 何だ何だぁ? 有名なガキなのかよ!」


 オールバック男の横に、銀色で長いボサボサ髪の大男がいる。

 スーツも雑に着こなして、なんだか対極の二人だな。


「こいつらも敵か?」


「何で知らないのよ! いいから逃げるわよ!!」


「逃がすと思うかね?」


 俺とフランの間を数本の剣が飛んで行く。

 勿論フランに当てる気はないと見切ってスルーしている。


「最悪……最悪よ……」


「そう落ち込むなよ。あいつらは誰なんだ?」


 いつもの元気が完全に消え、武器を構えることすらできていないフラン。

 そこまで絶望する相手なのか。


「オイオイオイオイマジかよ! テメエら特忍じゃねえのかあ?」


「あーすまんな、勉強不足で。俺は勇太。よければ名前を教えてくれ」


「ク、クックック……ハーッハッハッハッハ!! いいね! 実に愉快だ!」


 なんか爆笑している。有名人っぽいやつのツボに入ったみたいだ。


「名乗られたら名乗らねば失礼にあたるね。我が名は創真。人呼んで創世王。よろしく、愉快な特忍君。さあゼクスも」


「チッ、俺様はゼクス。全業のゼクス様よ! 俺様に殺されるんだ、地獄で自慢できるぜえ!!」


 こいつら船の上忍より強いな。身のこなしといい、霊力の総量といい。

 明らかに強者のオーラだ。これがプロの世界ってやつかね。


「どうするフラン? 戦うか? 逃げてもいいぞ」


「何バカ言ってんのよ! 全業と創世王相手に戦うのは無理よ!」


「無理ならどうするってんだあ? 逃がしゃしないぜ?」


「だろうな。せっかくだし、どう強いのか教えてくれよ。二つ名にちなんだ能力とかあるんだろ?」


 それが気になってしょうがない。こいつらはどれだけ強いんだろう。

 任務中だから、勝負を優先はできないけれど、やっぱり気になるのよ。


「手の内を教えろと?」


「地獄で自慢するにしてもさ、能力の詳細とかわかってると話に箔がつくだろ?」


「つくづく愉快だね君」


「Sランクの悪忍はその力が強すぎて、こんな場所じゃ戦えないはず。逃げるだけなら……」


「私の力を知らないのかい? 勉強不足だよ、お嬢さん」


 創真が何もない場所から杖を取り出し、床にコン、とつける。

 さっきの音はこれか。なんか強めの結界が張られたな。


「しまった……」


「そう、私の力はワールドクリエイト。この杖一つで世界の法則も運命も思うがままだ。故に創世王などと大層な名前で呼ばれているよ」


「おー、なんか凄い杖なんだな」


「凄いのは杖ではないよ。私が世界改変の力を簡略化して杖にしたのだ」


「そっか、そりゃ悪かった」


 あれ、こいつ期待できるんじゃね。

 アイテム頼りじゃなくて、自分の力をアイテムにくっつけてんだろこれ。


「いつまでくっちゃべってんだよ。集合時間に遅れるぜ」


「おっと、そうだったね」


「集合? まだ幹部クラスがいるの!?」


「久しぶりに会う約束なんだ」


 全員こいつらくらい強いんだろうか。それはちょっと会ってみたいな。


「幹部が集まるってことがどういうことか、わからないわけじゃないでしょう?」


「どうなるんだ?」


「あんた何で特忍やってんのよ!」


 怒られた。場の空気が緩んでいくのがわかる。

 緊張をほぐしてやるにはいいかも。


「我々は強すぎてね。力を抑えて存在しなければ、この世界を溢れた霊力だけで捻じ曲げてしまうんだ」


「あー……そりゃしんどいな」


「ほんの少しでも溢れ続けてしまえば、この世界の運命も変わる。因果も宇宙も乱れる。まず耐えられない。我々が全員集まるとはそういうことなんだよ」


 つまり全員集まらなきゃそれもできないのか。

 いやいや、まだ落ち込むには早い。単体でもそれくらいできるのかも。


「じゃあ全員集める前に倒せばいいんだな」


「くだらないこと言ってないで逃げなさい。ここはあたしが時間を稼ぐわ」


 武器を構え、震える足で俺の前に立つフラン。

 声まで震えている。それでも銃を敵に向け、俺の退路を作ろうと隙を伺っているその姿勢は、正義の忍者のようで胸を打つ。


「なんで俺にそこまでする? 転校してきて日も浅いぜ」


「あたしは先輩なんでしょ。なら、初任務の後輩くらい逃してみせるわ」


「泣かせるじゃねえかお嬢ちゃん。安心しな。お友達もみんななかよく地獄行きさ」


 ゼクスの笑い声でさらに震えが大きくなっている。

 なのに一歩も引かない。後ろに俺がいるからだろう。


「友達は見殺しにしないわ。それにあんたが死んだら、エリゼが悲しむわよ」


「そいつは嫌だな」


 そっか、こいつも譲れないもんがあるんだな。

 死を覚悟して、それでも最後まで誰かを救おうとする。

 特忍も勇者も似ているな。


「なら、ご同業は助け合いだよな」


「勇太?」


「大丈夫。俺もやるよ」


「学生がどうこうできる相手じゃ……」


「消えろ愚物。貴様のような凡愚がいていい場ではない」


「なに?」


 さっきから俺の背後にいた金髪が、急に首にナイフを突き立ててきた。

 よくわからんけど敵っぽい。ナイフくらいじゃ傷つかないし、そのまま受けたところ、刃が砕けた。


「ちっ、防御結界か。こちらに気付いて結界張るとは……やるねえ」


 いや張ってないけどな。使っているのは上物のナイフっぽい。

 けど特殊な製法でもなんでもないやつだ。妖刀とか使ってくれると嬉しいのに。


「どうする? 兄さん」


「決まっているだろう? 特忍なんて消してしまおう」


 やっぱり兄弟らしい。兄弟揃って悪忍か。やっぱ性格も似るのかね。


「なあ、こいつらに俺が勝ったら勝負してくれないか? フランは見届人だ」


「あんた何勝手なこと言ってんのよ!!」


「面白い。許可しよう」


 これでフランに危害を加えたりしないでくれるとありがたい。


「おい創真」


「いいじゃないか。特忍の学生がどのレベルか見極めよう。まだ時間はある。君が光鬼に武器を貸してあげたらいい」


 なにやら話し合いが続いている。

 結果ゼクスが折れたみたいで、光り輝く西洋剣を光鬼に渡した。


「ついでだ。ゼクス、君の能力も説明してあげたらどうだい」


「チッ……エクスカリバーって武器を知ってるか?」


「おう」


 そういや昔集めてたな。倉庫の奥にしまってそれっきりだ。


「創作物じゃあ特別な力を持つ剣だ。そして俺様はそんな別次元の武器すらも無限に使い捨てる。剣・槍・銃・刀・薙刀・サーベル・弓・大砲・杖……ありとあらゆる伝説の武器をな」


「でも結局その武器より強いやつがいたり、必殺技が強いビームだったら壊されないか?」


「そう! そこだ! テメエの負け惜しみから出た一言であっても、そこに気がついてくれて嬉しいぜ!」


 俺もその壁にぶち当たったことがある。武器って結局壊れるんだよな。


「だから俺様の力は進化した。別世界の、最強の技すらも撃ち出せるようになった」


「…………ほほう」


 なんか楽しそうなことになってきたぜ。


「わかるか? 別世界の誰かが使う必殺技も、武器と同時に一秒間に一兆回撃ち出せるんだよ。どれほどの重火器であろうとも作り出せない弾幕だ」


「おおおおおおぉぉぉぉぉ!!」


 思わず拍手してしまう。素直に感心する。そういう力の使い方をするか。


「必殺技も武器も人を殺し、壊すもの。業物って言うだろ? 人の業、その全てを使う男。だから全業のゼクスってわけよぉ!!」


「今更ジタバタしても遅いよ。君はもうここで死ぬ。やれ。光鬼、音鬼」


「それじゃ、死ぬかどうか試してみるか」


 まずはザコを片付けてしまおう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます