おきらく女魔導士の開拓記 〜メイドと始めるまったり楽々スローライフ〜

佐々木さざめき

第一章

第一話【私、目覚める】

(*2017/04/24大幅改編)


 私は楽しいことが好き。

 

 芸術が好き。彫刻とか絵画とか音楽とか、とにかく楽しいことがだーいすき!

 だけど、長年続いた戦争で、私の好きな物はどんどん無くなっていったの!


 だからもうこんな世界とはバイバイすることに決めたわ!


 幸い私は生体ゴーレム造りだけは得意で、直接戦争に関わることは無かったわ。

 人里離れた陸の孤島で、生体ゴーレムをひたすら作っていたの。

 だけど、私の可愛いメイド人形・・・・・たちが消費されていくのには、我慢出来ないわよね!


 あ。

 メイド人形っていうのは私の作った生体ゴーレムの名称よ。

 ゴーレムとか響きが悪いじゃ無い。


 魔術の腕は中の上だけど、研究は嫌いじゃ無かったから、古代の時間凍結魔術を復活させたわ。

 ……。

 正直成功するかは未知数だけど。


 でも良いの!

 楽しみがないこんな世界で生きるくらいなら、私は賭けるわ!

 戦争の無くなった世界に旅立つことを!


 みんなさようなら!

 一人逃げる私を許してね!


 ……。

 まぁ、逃げた先で苦労するつもりはないんだけどね。

 だって私にはメイド人形があるんですもの!


「ブルー!」


 私が呼ぶと、特別製のメイド人形であるブルーが部屋にやって来た。

 青い長髪、青い瞳のメイド人形である。


 そこっ!

 名前が安直とか言わない!

 覚えやすいでしょ!


 ちなみいブルーはおっぱいが大きくて腰は細い。

 いわゆるボンキュボーンだ。


 ……私のコンプレックスじゃ無いわよ?

 私だってそこそこ良いプロポーションしてるんだからね?


「準備は出来てる?」

「はい。ミレーヌ様。完璧です。ですが本当にやるんですか?」

「ええ! 私の決意は変わらないわ! 平和な世界で芸術を愛でながら、楽しく暮らすの!」

「……わかりました。どこまでもお供しお守りします」

「うんうん。ちゃんと守ってね」

「はい!」


 本当は万能型であるハウスメイド型だけでは無く、農業型や戦闘型も一緒に時間凍結したいのだけれど、とっくに戦争に徴収されてしまった。

 戦争許すまじ!


「せめて魔核があればねぇ」

「そうですね。しかし戦争で枯渇していますから」

「本当に戦争はろくでもないわね」

「はい」


 魔核は魔物や魔力の濃い地脈近くで取れる、魔力の結晶の事だ。

 これがあれば、私のオリジナル魔術でメイド人形を色々と作り出すことができる。


「まああなたさえいれば、なんとかなるわよね?」

「もちろんです。たとえどんな事になってもミレーヌ様をお守りします!」


 彼女の決意は本物だ。まぁそう作ってるんだけどね。

 それでも長年一緒にいるから、かなり個性が出ている。ちょっと過保護で心配性過ぎるのが玉に瑕なくらいだ。


「じゃあ行きましょうか! 戦争の無い世界へ!」

「はい!」


 そうして私たちは、強固に作り上げた、石造りの地下室へと降りていく。

 綺麗に磨かれた石畳に描かれた複雑怪奇な魔方陣が、淡い緑色に発光していた。


「じゃあ服を脱いでね。魔方陣内の情報量は少しでも少ない方が良いの」

「わかりました」


 私もずばっと服を脱ぎ捨てて、ブルーと一緒に並んで横になる。


「それじゃあ発動するわよ! ……時間よ! 止まれ!」


 ……発動ワードなんて何でも良いのよ。

 時間があれば美しい詩にしたんだけどね。


 そうして。

 ——私の意識は暗闇に閉ざされた。


 ◆


 ——。


 私の意識がゆっくりと覚醒していくのがわかる。

 えーっと、私は誰でここはどこだっけ?


 なんてね。私は……ミレーヌ・ソルシエ。

 ぴっちぴちの19歳!

 ……嘘です22歳です。

 可愛くて、ボンキュッボンのお姫様よ!


 ごめんなさい。

 お姫様じゃなくて、お姫様みたいに楽に生きたいだけでした。


 うん。記憶は大丈夫そうだ。

 とりあえず、私は時刻魔法を唱えると、現在の年月日を知った。


 一応200年を設定したんだけど……。

 私は三度、年月日を確認した。


 2000年が過ぎていた。

 ……間違って0を多く設定しちゃったとかじゃないわよね?


 ◆


「……おはようございますミレーヌ様」


 私が少々凹んでいると、ブルーも身体を起こした。


「うん。おはよう。えっとね、あれから2000年経っちゃったみたい」

「理解しました」

「したんだ」


 物わかりが良すぎるでしょ。

 まぁ説得する手間が無くて良いけど。


 折りたたんで置いておいた、ホコリだらけの服を手にしたら……崩れ去った。

 うん、それはそうよね……。


「とりあえず、外に出て、服を探しましょう。裸は落ち着かないわ」

「わかりました」


 靴すら無いので、ブルーが私をお姫様だっこして運んでくれた。


 私たちは石の階段を昇って地上へと出る。

 もともと戦争対策で作った待避所なので非常に深い。


 地上に出たら、美しい芸術品を愛でたり、ドール・メイドを愛でたり(見て楽しむのよ?)、音楽を聴いたり、美味しい物を食べて暮らしましょう!

 魔核さえ手に入ればきっとなんとかなるわ!


 今度こそ怠惰の日々を漫喫するわよ~!


 長い階段を昇ると、出入り口の辺りは思いっきり崩れていたが、ブルーが頑張ってどかしてくれた。

 優秀なのだよ。ふふふ。


 眩しい太陽光が差し込んでくる。

 目を細めて外に出ると……。


 そこはジャングルだった。


「……家は?」

「見当たりません。ですが土台になっていたと思わしき石組みが残っています」


 ブルーに言われて、その辺りを見回すと、確かに草に紛れて石の土台らしき物が見え隠れしていた。


「え? なに? 野盗にでも襲われて火でもかけられたのかしら?」


 充分あり得る話だ。


「元々人が立ち入れるような立地とはかけ離れた、陸の孤島でしたから可能性は少ないかと。2000年の間に風化したものと推測します」

「そういえば、人の住まない家はすぐに悪くなるって言うわよね」


 まあ無い物はしょうがない。それよりも。


「ねえ、服がどこかに無いかしら?」

「探してみます」


 ブルーは私を近くの倒木に座らせると、辺りをくまなく探したが、人工物は何一つ見つけられなかった。


「ねえブルー」

「はい」

「これってすごく大変なんじゃ無いかしら?」

「同意します」


 うん。

 これ、大変な事になっちゃったわ。


 こうして私たちのサバイバルは始まった。

 全裸で。


 夢の自堕落生活はちょっと先になりそうだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます