モッキンバードの聲

@icomiki

プロローグ

プロローグ

「だから何よ!」


 彼女は溌溂としたよく通る声でそう叫んだ。


「そうやって叫ぶと力が沸いてこない? 私はね、辛い事があるとこうやって叫ぶようにしてるの」

「でも、それじゃ根本的な解決には」

「確かに君の言う通りだ。だったら良い事を教えてあげよう」


 屈んで俺に視線を合わせた彼女は琥珀色の大きな瞳で俺を捉える。


「どうしようもなく辛いときは、周りの音を聴いてみると良い。君が楽しいと思えるその音たちが、君を導いてくれるだろうからさ」


 金色の髪を靡かせ、金色の音を奏でる女性は、小学四年生の俺には難しい金言を与えた。

 以来、俺は周りの音に耳を傾け続け、あの音を探している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます