二ヶ月経過…停滞期の不思議

現在やっている断食ダイエットの方法。


先ず一週間の内、五日間を断食ダイエットに充てる。


残りの二日間で一週間分のエネルギーを補給。


そして4月の後半からヨーグルトを食べる事を試している。


断食ダイエットをする五日間の内、最初の四日間はカップのヨーグルトを一つだけ。


最後の五日目だけ、完全な断食をする。


4月の後半はそれで想定以上の成果があった。


そして5月も続けてみたんだけど、その方法はタマタマだったみたい。


最初は体がビックリして想定以上に体重が減ったのかもしれないね。


慣れてきたのか、五日目にヨーグルトも断っても、体重は大して減らなくなってきたんだ。


ただ、それでもヨーグルトを一日1カップ食べる程度であれば、ダイエットに影響が無い事が分かった。


ヨーグルトを食べる事が特別、ダイエットに好影響がある訳ではない事が判明したんだけど、悪影響がある訳でもない。


ならばカルシウムを摂取する為に今後も続けてみようと思う。


健康の為にダイエットをしてる訳だから、健康を損ねる様な事は避けたい。


カルシウムはちゃんと摂取しておいた方がいいみたいなのでねぇ。


ダイエット自体に影響はなくとも、健康面での好影響があるのでは、と。


それで、今回は停滞期の不思議について少し。


停滞期はダイエットをする上で最大の障害だと思うんだ。


頑張ってダイエットして、ちゃんと体重が減ってくれれば嬉しい。


でも、停滞期になると頑張っても減らなくなる。


本当に心が折れそうになるんだよねぇ。


特に私がやっている断食ダイエット。


食べてないのに減らなくなるんだよ。


不思議でしょ!?


勿論、水分補給は普通にするので、その分は減っている事になる。


でも、水分補給と同じくらいしか減らなくなるって事。


下手をしたら、体重が増える事だってある。


食べてないのに。


それだけ余分に水分補給をしたってだけなんだろうけどさ(苦笑)


ともかく、停滞期になる前は多少、水分補給をし過ぎても、それ以上に体重は減る。


それが停滞期になると、途端に体重が減らなくなる。


恐らく、体が省エネモードになるのかな!?


それで急にエネルギーの消費量が少なくなって体重が減らなくなる。


それが停滞期というものなのかなぁ、と。


人体の不思議だよね。


スマホなんかは省エネモードがあったりするけど、人体にも省エネモードがあるのかな、なんてね。


ただ、自分の意思で切替が出来る訳じゃないみたいだからなぁ。


人体の省エネモードは決して便利ではないね。


いや、生命維持の観点からすると便利なのかな。


遭難した時なんかは省エネモードになる事で生き延びる確率を高める事にはなるのだろう。


でも、ダイエットをしていると邪魔臭いよなぁ。


そんな事をちょっと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!