土管の向こうの街

作者 なるかみ音海

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第42話へのコメント

    この時を待っていました……ざわざわっ

    追伸:は、早く終わって欲しかったというわけではないですよ!!(汗)
     今カクヨムで読んでいる作品がコチラだけですので、正直、終わって欲しくないです……

    私が待っていたのは、「街のあらまし」についてなのです(汗)

    作者からの返信

    いつか終わりは来ますね・・・

    PS
    楽しみにしていただいて大変嬉しいですよ!僕自身も終わってしまうのが残念なんですよ。

    2017年5月25日 18:06 編集済

  • 第37話へのコメント

     ――ラン、ラ、ラン・・・
     というサオリの歌声が聴こえてきた。
     僕は一瞬立ち止まってそのメロディを聴いた。
     『月光』だった。
     ぼくのピアノよりもその歌声はさらに美しかった。
     いつまでもそこで歌を聴いていたかったけれど――


     ここの場面、ビビッと来ました。
     

    追伸:娘さんに感謝です(泣)
       感動というのでしょうか、胸の辺りを不思議な感じが巡って……

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。このあたり、よく自分でも書けたな、と思うことがあります。そして、この後の場面も。そうそう、描いていただいたサオリの絵を娘に「これ見てごらん」と何も言わずに見せたら、すぐに「あ、サオリだ!」と言って喜んでいましたよ。

    2017年5月20日 01:11

  • 第29話へのコメント

    開幕から笑っちゃいました

    英ちゃんの「クショババ」最強すぎますね……

    作者からの返信

    英ちゃんがカッコの顔をクショババ!クショババ!と言ってかきむしったのは実際に起こったことです。今思い出しても面白すぎです。僕の中の大切な思い出の一つです。

    2017年5月12日 09:57

  • 第28話へのコメント

    ピアノを知らないとは……

    サオリちゃんの正体が気になります

    作者からの返信

    はい。あとでわかります。期待?してください。

    2017年5月10日 21:38

  • 第1話へのコメント

    拝読させていただきます♩

    作者からの返信

    どうかよろしく!

    2017年5月6日 00:34

  • 第12話へのコメント

    8話からの展開の仕方が絶妙ですね.....次に進みたくなります

    作者からの返信

    せせらぎのような流れから、徐々に水かさを増して最後は激流に・・・そんな構成を目指しました。読んでいただきありがとうございます!

    2017年5月2日 15:54

  • 第6話へのコメント

    クショババ.......ずっと気になっていたのですが、この段階ではまだ特に意味はないと(笑)

    クスリと笑ってしまいました

    追伸:ヘビの時は、「くそ婆!」のことかな?と思ってましたが……なるほど(笑)

    作者からの返信

    僕の実在の昔の友人の口癖です。意味は・・・多分本当にありません。でもなんか忘れることできないフレーズです。

    2017年5月2日 15:52