第184話「お題は何にしますか?」

「姉さん、ふと思ったんですけど、なんでそんなに頭を使う勝負が弱いんですか?」


「うーん、なんでって言われてもな…多分、体を動かすのが得意な分、バランスをとってるんだよ」


「そのバランスがかなり極端なんですよね。僕と姉さんができるちょうど良い遊びがあればいいんですけど」


「あっ、あれなんかどうだ? 古今東西ゲーム」


「…確かに良いですね。お題は何にしますか?」


「じゃあ魔物な!」


「それじゃあ始めましょうか…ゴブリン」


「ドラゴン」


「オーク」


「べ、ベヒモス」


「スケルトン」


「…エ、エンシェントドラゴン」


「…それアリですか?」


「すまん、思い付かなかった…」


「姉さんがしりとりも弱いことを忘れていた僕が早計でした」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!