第168話「よいしょ、こらしょ、どっこいしょっと」

「よいしょ、こらしょ、どっこいしょっと」


「女性にあるまじき掛け声を出してどうしたんですか、姉さん」


「ちょっと作りたいものがあってさ。てか女性に向かってそんなことを言うなよ」


「何かを作ってる? 戦闘以外はポンコツの姉さんが?」


「おい太郎、さすがにそれは失礼なんじゃないか? 私に」


「それで何を作ってるんですか? 殺戮兵器ですか、それとも武器ですか?」


「…てるてる坊主を作ってるんだよ」


「あの姉さんがてるてる坊主? いや、そんなかわいいことするはずがない…なるほど、てるてる坊主という名の兵器なんですね! それとも姉さんの皮を被った別人?」


「よし太郎、そんなにボコボコにされたいならその喧嘩を買ってやろう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!