第153話「生存競争に負けたってことですか」

「暇ですねぇ…母さん、何か手伝うことはありませんかね?」


「家事も終えたから特に手伝ってもらいたいこともないわね、ごめんね?」


「あぁ、いえ、ないならないでいいんですよ」


『キシャアアアッ!』


「…魔物ですかね? 街中に出るって珍しーー」


「あら、餌やりの時間だったかしら!?」


「え、餌やりってどういうことですか。ちょっと待ってくださいよ!」


 ーー


「キシャァアッ!」


「え、なんですかこのおぞましい植物は」


「梅雨になってから育て始めた紫陽花あじさいよ。かわいいでしょう?」


「あれ、この前見たトレントやマンドラゴラは…?」


「紫陽花を育て始めてから、なぜか他の植物が減ってるのよねー」


「あぁ、生存競争に負けたってことですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!