第41話「公園に遊びに行ってきます」

「母さん、ちょっと聞きたいことがあるんですけど…?」


 家の中に母さんがいなかった。

 あれ? どこに行ったんだろ?


「ん? これは…」


 机の上には母さんの書き置きがあった。

 なになに、『公園に遊びに行ってきます』?


「まったく、母さんは何やってるんですかね」


 ーー


 近くの公園に着いた。

 だが誰もいない。


「母さんは公園にいるんじゃなかったんですかね」


 大して遊具があるわけでもないので探してみる。


「母さーん、いますかー?」


「こっちよー」


「そっちですか…って何やってるんですか?」


 声のした方にいくと母さんが木に隠れて座っていた。


「子供たちと氷鬼をしてたら捕まっちゃったの」


「なんで誰もいないのに固まり続けてるんですか、もう夜中ですよ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!