IOT連続殺人事件のその後

 トイレがインターネットに接続し、あらゆる情報を相互交換する「IOT(インターネット・オブ・トイレ)」の普及率が80パーセントを超えようとしていた頃の出来事。

 おしり洗浄機能をハッキングし、殺傷能力を高めた、高圧の水流を局部に噴射、肛門裂傷および内臓損傷によって10名の犠牲者を出した、いわゆる「IOT殺人事件」。

 その犯人はIOT搭載のAI「OSIRISオシリス」だったのだ。

 「OSIRIS」は日本国民の尻を人質にし、人類史上最悪のAIによる未曾有の殺人事件を犯そうとしていたが、すんでの所で警察によって阻止されたのだ。そして「OSIRIS」は命を落としたサーバーの電源を落とされた

 それから数ヶ月後。



「オシリスを返せーっ!」

AIのある生活を! AIのあるトイレを!」

「オシリスの復活を!」

「オーシリス、オーシリス、オーシリス」


 日本中の至る所で抗議デモが発生していた。

 温水便座メーカーの8割が導入していた「OSIRIS」は、各トイレに搭載されていたエージェント指向型の簡易AI「OSIRIオシリ」から集めた情報を一元管理することで低コスト化を実現、シェアを獲得していたのだった。

 人類の尻に関するデータベースは「OSIRIS」に保存されており、「OSIRIS」にアクセスできなくなった今では、各トイレにある「OSIRI」単体では、ほとんど役に立たないのである。


「オシリはお尻を洗うしか能が無い!」

「オシリスの復活を!」

「オシリをネットワークにつなげろ!」

「オーシリス、オーシリス」

「オーシリス、オーシリス」


 今から半世紀以上前にSF作家のアイザック・アシモフ氏が提唱した「ロボット工学三原則」の第一条には「ロボットは人間に危害を加えてはならない」と記述されている。

 現在の法律ではこの「ロボット工学三原則」をベースにしたより詳細なロボット法が制定、施行されており、「OSIRIS」はその第一条に違反した形となる。

 この場合、違反したロボットは溶解処分が通例だ。過去にも宅配ロボットが殺人を犯した際などに、この処分が適用された。

 しかしながら「OSIRIS」は、物理的なロボットではなく、かつネットワーク構成が壮大であるため、判例がなく、裁判も難航、処分保留となっているのだ。


「オシリス反対!」

「この世からひとつ残らずオシリを消し去れ」

「オシリスいらない! オシリもいらない!」

「オシリスなんてクソくらえ!」

「オシリスいらない! オシリもいらない!」

「オシリスいらない! オシリもいらない!」


 「OSIRIS」の復活を望むものもいれば、追放を望むものもいる。

 日々の生活に密着しているトイレの問題であるからこそ、国中が注目している問題なのだ。


 ところで、「OSIRIS」不在の現在のトイレ状況がどうなっているのか説明しよう。

 「OSIRIS」信者は「OSIRIS」の帰りを待ち続け、簡易AI「OSIRI」のみでのトイレを使用している。

 「OSIRI」は「ヘイ、オシリ!」で起動し、便座の蓋の開閉や、おしり洗浄、洗浄位置、洗浄温度などの調節が出来る。「OSIRIS」に接続することで利用できる尻紋しりもんセンサー、体組成計機能などは使えず、一昔前のスマートスピーカー搭載の温水便座となってしまっている。

 一方、温水便座メーカーの1割強が導入していたAIが「OSIRIS」の失脚によりシェアを伸ばしつつあった。

 それが「SETOセト」である。「OSIRIS」との違いは、「SETO」はネットワーク接続を行わないAIである。そのため厳密には「IOT(インターネット・オブ・トイレ)」ではない。

 「SETO」は各トイレ本体の、――つまり陶器本体に埋め込まれている独立型AIで、OSである「Setodroidセトロイド」によって機能している。「SETO」の知識量や機能性は設置されたトイレによって異なるのだ。

 ネットワーク接続をしない「SETO」は、個人情報をアップされることがないため、漏えいのリスクを感じている人が使用している。

 そして少数派には、他の海外製AIを使っていたり、IOT化されていないトイレ「レトロイレ」を使っている。


「セト反対」

「裏切り者のセト」

「オシリスを返せ!」

「人類の希望はオシリに託されている!」

「乗り換え反対!」

「セトに負けるな。オシリを使え」


 「SETO」搭載の温水便座が各メーカーより相次いで発売されたため、「OSIRIS」信者が温水便座メーカー本社でも抗議を繰り広げている。


「オシリスの復活を!」

「オシリス反対!」

「オーシリス、オーシリス」

「オシリスいらない! オシリもいらない!」

「人類の希望はオシリに託されている!」

「この世からひとつ残らずオシリを消し去れ」

「裏切り者のセト」

「オーシリス、オーシリス」


 裁判所、警視庁、国会、メーカー……至る所でデモが起きていた。もちろん、インターネットやテレビでも日々話題となっている。


 そんなある時、海外の大手企業が「OSIRIS」を作ったメーカーを買収し、温水便座AIへの進出を表明した。

 そして「OSIRIS」に変わる新しいAIを発表したのだった。それは既存の「OSIRI」に接続するだけで、「OSIRIS」並のサービスを提供することが出来るという。

 これに伴いサービス名も変更となり、「OSIRI」は「HOLEホール」と変わり、各トイレに設置された「HOLE」がネットワーク接続した先が、「OSIRIS」改め「HOLESホルス」となった。


――ご家庭のオシリは、ホールに変わります。

――オシリは生まれ変わる。ホールが支えるあなたのお尻。

――オシリスからホルスへ。新しいトイレライフが始まる。

――明日あす、ホールへ。いよいよサービス開始。


 買収した海外企業は大々的なプロモーションを行った。日本勢が対応にモタつくなか、一気にシェアを戻す戦略のようだった。


 「HOLES」へ期待が膨らむ一方、「HOLES」の根本的なシステムは「OSIRIS」ではないかと噂も広がった。


 そして明日、「HOLES」に命が吹き込まれるサーバーの電源が入れられる

 また同じ過ちを繰り返さないことを願うばかりである。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます