ただただ、普通に用を足す

 僕は自宅でくつろいでいる時、便意を感じ、トイレに向かった。

 「お手洗」と書かれた照明のスイッチ、「換気扇 遅れて切れる」と書かれた換気扇のスイッチを立て続けに押す。カチッ、カチッと小気味良い打鍵感が連続して返ってくる。

 木製の、やや暗く落ち着いたブラウン色のドアを開け中に入ると、暖色系のLED照明に照らされた1畳ほどのトイレ空間が広がっている。

 白いタイル調の床と白い壁紙は清潔感を感じさせ、吊り戸棚は、トイレのドアと同じブラウン色で引き締まったイメージを与える。左側には温水便座の操作パネルとトイレットペーパーホルダー、右側には手洗いカウンターが備え付けられている。

 そして中央には、温水便座付きのタンクレストイレが設置されている。

 住んで間もない新築マンションのトイレで、便器側面の陶器が、ツヤツヤと輝いて床面を映し出している。

 蓋を開け、身体の向きを変え、ズボンと下着を降ろし、便座に座った。

 それと同時に、自動脱臭機能が作動し始めた。

 全身の力を1カ所に集中させ、ぐっと力む。排泄口を徐々に広げながら、固まりかけた粘土のような感触のものがゆっくりと出てくる。

 身体の血液が鬱滞し、頭部への血液循環も悪くなる。次第に目の前にチカチカと星のようなものが見え、頭がぼうっとし始めた。

 排泄口を狭め、絞りを効かすと、切れた粘土が落下する。河原に石を落としたような音が響いた。

 止めていた息を吐き出し、「ふう」とひと息つく。

 その安堵感からか、今度は尿が出る。締め忘れた蛇口から出る水のように、勢いのない尿が少量。

 尿を出し終えると再び、排泄口を広げ、残りの便を出し切る。

 操作パネルに手を伸ばし、「おしり」を押す。

 ノズルから勢いよく飛ばされた水は、迷うことなく自分のそれにヒットする。

 水流の強さ、位置ともに自分用に調整されており、気持ちいい。

 さらに「ムーブ」ボタンを押し、水流を上下に振動させる。

 この上ない至福の時が訪れる。ああ。なんて気持ちいいのだろう。まるで心まで洗われていくようだ。目をつむり、しばらくこの時を楽しんだ。


 トイレットペーパーを引き出し、数回軽く拭く。立ち上がり、下着とズボンを上げ、「大」ボタンを押す。大きな水の渦を作り、排泄物は消えていった。

 トイレの蓋を閉め、手洗いカウンターで手を洗い、タオルで手を拭き、トイレから出た。

 「お手洗」というボタンを押し、照明を消し、部屋に戻った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます