パラディーゾ!

並木坂奈菜海

第1章 生徒会の日常

第1話 生徒会(長)の日常

 放課後、いつものように生徒会室のドアをくぐると、先客が2人ほどいた。

 そのうちの1人は、スカートの下にジャージという、顧問に見られたら間違いなく怒られるだろう格好で机に腰掛けている。

 そいつが最初に俺に声をかけた。


「遅い、何して……あ、今日は日直だったんだっけ?」

「そうだよ」


 奴の名前は桜川真さくらがわまこと、俺のクラスメイトで第26代生徒会長。

 役員としては中3の頃から活動しており、会長選挙では対立候補に僅差で勝利を収めた。

 ちなみにその敗れた候補はいまは他の委員会にいるらしい。……そんなどうでもいい情報は置いといて、だ。


「……で、なんでそんな格好を?」

「さっきまで落とし物を探していたらしいです」


 高校1年の副会長、菊池風磨きくちふうまがそんな会長に冷たい目線をななめ後ろから送っている。

 やや四角い黒フレームのメガネという、いかにも真面目キャラのテンプレといった顔立ち。

 テストは常にトップクラスなので、そんな彼のイメージに拍車がかかるのも不思議ではない。


「しょうがないでしょう、棚の下に入っちゃったんだもん」


 首だけ動かして言葉を返す。


「……で、出てきたのか?」

「ううん、まだ……」

「何を落とした? というか何をしていたらそんなことになるんだ」

「再来週の総会の書類入れてあるメモリ……役員用に今日刷ろうと思って胸ポケに入れてたんだけど、ファイルの整理してる時に椅子の足に引っ掛かっちゃって……」

「どのあたりなんだ?」


 すると部屋の1番奥に鎮座している棚の方を向いた。


「多分、1番右の棚……」

「了解」


 それだけ言って、ブレザーを脱ぎ左腕の袖を肘までまくって棚の下を漁ってみる。


「手には触れないか……懐中電灯あるか?」

「はい」

 桜川が腰掛けていた机の右隣にある、デスクトップPCが並んだ机のラックを開け、菊池が俺の右手にそれを差し出す。


「さんきゅ」


 ライトを照らして中を覗いてみると、ギリギリ手の届かない所にあった。


「あったぞー。けどこりゃ微妙な所にあるなぁ……」

「どうしたの?」

「棒とかほうきの柄とかを使ったとしてもギリギリかき出せないんだよ」


 この棚の左右のものは底が床についているタイプで、かと言っても棚自体動かせるかどうか怪しい。


「いちかばちか、試してみるか」


 指を挟まないよう慎重に棚をつかみ、手前に少しずつ力を加えてみる。

 すると、低い引きずる音とともに数ミリほど動いた。


「お……行けるか。2人とも、その机をドアの方に動かしてくれ」


 再び振り向いて指示をすると、既に机から降りて俺の後ろで様子を見ていた桜川が、部屋の真ん中に居座る楕円のテーブルを移動させるところだった。


「菊池、下持て」

「分かりました」


 菊池がしゃがみ、棚の下を両手で掴む。


「よし、いくぞ。せーの!」

「よいしょ……!」


 その堅物のような表情には似つかわしくない台詞が飛び出し、一瞬吹き出しそうになるのを堪える。

 棚はさっきよりも大きな音を立てて大きく動いた。

 水色のメモリが姿を現す。


「よし、あったぞ!」


 すぐさまそれを拾い上げ、会長に手渡す。


「気をつけろよ」

「うん、ありがとう」


 柔らかな笑みを浮かべたその表情を、俺は不覚にも可愛いと思ってしまった。




 その後部屋の原状復帰を行い、合流してきた中学生役員4人も交えて打ち合わせを行う。

 部屋に夕日が射してきた頃、5時のチャイムが鳴った。


「それじゃあ、お先に失礼します」

「今日は塾があるので、自分も上がります」


 中学生達と菊池が部屋を出ると、一気に静かになった。

 桜川が静かなトーンで話しかけてくる。


「私達だけになっちゃったけど、どうしようか?」

「帰るっつっても、まだ微妙だしな……部活は今から行ってもなぁ……」


 どっちみちあと1時間で下校しなければならないので、後者はなかった。


「ねぇ、なんか飲む?」

「コーヒーがいい」

「はーい」


 机を離れると、俺の後ろへ回り、なぜか部屋に備え付けてあるコーヒーマシンをいれる。


「はい、どうぞ」

「ありがとう」


 桜川は桜川でティーバッグの緑茶を出していた。


「なんか、お茶菓子ほしくなるね」

「まぁこんだけくつろいでりゃあ、それはな」


 ブラックばかりでは胃を痛めるので、ミルク入りで飲む。

 

「今日は重労働させちゃって、ごめんね?」

「別に構わないさ。タダでコーヒーが飲める、それだけでいい」

「案外安いのね」


 と、桜川が小さく吹き出しながら言う。


「何だって良いだろ、家で不味まずいインスタントなんぞ淹れなくて済むんだからよー」




 カップを空にした頃、時計の長針が4を示し、短針と重なっていた。


「よし、帰ろうぜ」

「うん」


 そう言って、今度は1番左の棚へ向かい、下の鍵つきの扉を解錠すると、中からトートバッグを取り出した。

 机に出されていくその中身は、ボタンが右についているブレザーにシャツ、そしてスラックス。

 うちの学校の男子制服一式だった。


 一旦上履きを脱ぎ、穿いていたジャージとスラックスを交換し、スカートを下ろして再び上履きを履く。

 続いてブレザーを椅子の背に掛けると、ワイシャツのボタンを上から一気に外す。

 さらに中に着ていたキャミソールから白いパッドを取り出し、それも脱いで完全に上裸になる。

 すぐさま丁寧に小さく畳んで通学用バッグに押し込むと、入れ違いに手にしていた別の肌着を着る。

 トートに仕舞っていた服たちを身に着けると、額の上部に指をのせ、肩よりも少し伸びた黒髪を外す。

 最後に脱いだものを畳んでそれと一緒にトートに詰め込み、再び鍵をかける。


「よし、帰ろうか」


 さっきまでの凛とした声とは全く違うトーン。

 そこには、




「お前も、苦労してるな」

「どうだろう、別にそういう訳じゃないし」

「そうか」

「なんだよ、その薄い反応」


 俺も、コイツと出会うまで……いや、この学校の生徒全員が、

 それもそのはず、学校にいる間は桜川真は女子生徒の1人として生活しているのだから。

 俺自身も、役員に指名され、奴に生徒会室に呼ばれ着替えに立ち会わされたときまでそう認識していた。


 桜川は、普段登下校のときは男子の制服を着ているらしく、学校へ来るとすぐさま生徒会室で着替えるという。

 らしい、というのはいつも1番最初に登校するので誰も奴の登下校を見ていないからだ。

 正体を明かされたとき、当然俺は何でそんなことをしているんだ、と尋ねた。

 それにはこう答えた。


『んー……気持ちが楽になるから、かな』


 制服は、数年前に卒業し転居した姉のものを借りていると答えた。

 ただ、それは両親には黙っているので、登下校のときは男子制服でいる。

 教師陣の方は、と聞くと黙認しているとの事だった。


『まぁ、学校の宣伝材料たる生徒会長は、女の子のほうが見栄えしていいからじゃない?』


 そんなことを着替えながらのほほんと言っていたのを憶えている。

 もちろん当時の俺はそれを驚愕のあまりフリーズした状態で聞いていた。


「おーい、もしもーし」


 俺の目の前で桜川が手を振っている。


「どうした」

「なんか、さっきからの話聞いてないみたいだしさ」

「悪い、右から左だった」

「全くもう、ちゃんと聞いててよ」

「悪い悪い」


 頬を膨らませて拗ねる。こっちは一部の女子に需要がありそうだな、と俺は思った。


 男と女、2つの顔を持つこの不思議なクラスメイトに、今のところ嫌悪だとか、ネガティブな感情は持っていない。

 それも、桜川真という人間がなせるわざ、というものなのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます