ぼくらの海は、ゼロを越えない。

作者 ソラノリル