34

雨降らねーかなーと雲ひとつない空を見ながら歩いていたら側溝に足を突っ込んでしまった


汚れた片足を早いとこ洗いたい僕は行き先を公園に変える


この公園の水飲み場には上に吹き出るタイプと通常の蛇口がある

残念ながら通常の蛇口は壊れているようで、それでも足の気持ち悪さはどうにかしたかったので上の蛇口を思い切りひねった


虹ができた


はいたサンダルごとじゃばじゃばと雑に洗っていく、ひんやりして気分が良くなったのでもう片足もついでに濡らした




あーあ思ったより時間とられた


結局ほぼ全身ずぶ濡れになったぼくはようやく公園から出ることにした


今日も今日とて日差しが強い

滴る水滴たちがあっという間に温くなり、不快感が増した

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます