無題

猿の退化系

短文

 私とはすなわちストーブで扇風機だ。


 夏は扇風機。ずっとあなたと向き合う。薄着でアイスを食べるあなたを無言で見つめる。ダラダラと汗をかいて家に帰ってきたあなたを眺める。本を読んでいたらいつの間にか眠ってしまっているあなたと一緒にいる。


 冬はストーブ。またしてもあなたと向き合う。「こたつが欲しいな」などと小生意気な口を聞くあなたを見つめる。震えながら帰ってきたあなたを眺める。いつも通り本を読みそして眠ってしまうあなたと一緒にいる。


 季節の変わり目にはだんだんあなたとの距離が開いて、春と秋は押入れ行きなんだけど。


 夏が始まったり冬が始まったりして、私はあなたと再び一緒に過ごす。


 私たちは終わりと始まりを繰り返す。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

無題 猿の退化系 @horkio118

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!