第2話 ある男の十年 その1

「飲み物と、軽い食事をくれ」


 俺は、通りがかった食事処に入り、注文を店員にした。店員は、俺のことをいぶかしげな目で見ながらそのまま立ち去ろうとする。


「ああ、すまない。同じものをもう一つ、頼む」


 俺は、危うく間違える所であった注文を言いなおす。すると、益々店員は嫌そうな顔で俺を見た。


「……えっと、お客さん」


「ん? なんだい?」


「その……悪いんだけど、その椅子の上にあるヤツ、どけてくれないかな?」


 店員は言いにくそうに俺にそう言った。俺はその言葉に思わず顔をしかめてしまう。


「『それ』? 『それ』って……どれのことだ?」


「だから、椅子の上に座っている、そのデカい奴のことだよ」


「え? ああ、リザのことかい?」


 俺がそう聞くと、店員はさらに顔をしかめて俺を見る。


「……えっと、その、リザ……さん? そのリザさんを、せめてお客さんの隣の席に座らせておいてくれないかな?」


「なぜだ? 俺はリザと向かい合って食事を取りたいんだ。君にリザの座る位置を指図される筋合いはないんだが」


 俺がそういうと店員は何か言いたそうだったが、咳払いをすると、そのまま不機嫌そうに去って行ってしまった。


 やれやれ……最近は無粋なヤツが多くて困ったものだ。


「ふふっ。そう思うよな。リザ?」


 俺がそう訊ねても、リザは黙っている。


 正確には、彼女はしゃべる事が出来ない。いや、喋ることが「ない」のである。


 そんなことは、俺にだって十分わかっている。


「ふふっ……だけど、もうすぐだ。もうすぐ、この十年の努力が報われる時が来たんだ」


 俺はそう言いながらニッコリとリザに微笑みかける。リザは俺に対して微笑み返してくれない。


 残念だ……俺の知っているリザは元気よく喋っていたし、俺に対していつも優しかった。


 それなのに、今俺の前に座っているリザは俺に微笑んでもくれないし、美しい声で語りかけてもくれない。


「……はい、お客さん」


「え? ああ。ありがとう」


 店員が食事を持ってきた。そして、急いでそのまま店の奥に戻っていく。と、周りを見渡してみると、周囲が俺に対し奇異の視線を向けていた。


「ふぅ……やれやれ。みんな、俺とお前に嫉妬しているみたいだよ。リザ」


 無論、その視線は、そんな理由によるものではないということはわかっていたが、俺はそう言いながら、再びリザに微笑みかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます