アイリスの花言葉

屋根裏

赤を呑む

 自らの縄張りを荒らすものを、排除する。動物の本能だろうか。

 過ちを犯した者には、裁きが下る。天命とでも呼ぶのだろうか。

 

 私はいつからか、自らが動物であることを忘れてしまったのだろうか。

 どこかに置いたまま、歩いてきてしまったのだろうか。

 

 きっとどこかに理由は落ちている。

 明確だけど、わからない。

 

 言葉に出来ない想いは、吐き出さなくていい。

 実らない想いは、育てなければいい。

 

 そして今日も、湧きあがる赤を呑む。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る