「扉を探している男」

青谷因

一話完結

あるところに、とても大きくて高い塔が立っていました。


多くの人人が、その中で仲良く、平和に暮らしていました。



ある日、一人の男がやってきます。


その男は、その塔の中に入りたいと思っていました。


しかし、入り口の扉が見当たりません。



男は、困り果ててあれこれ考えました。



開いている窓から覗き込む人に、呼びかけましたが、入れません。



あちこちの壁をノックしてみましたが、いっこうに開かれる気配はありませんでした。



男は更に考えました。


考えて考えて・・・思いつきました。



「壁に穴を開けて、入り口を作ってしまおう」


そこを扉にすればいい。






思い立った男は、色んな方法で、壁に穴を開けようと試みました。



すると。




閉まっていた窓が一斉に開き始め、中に居た人たちが大騒ぎし始めました。





そして、なんと。




あちこちの窓から、いしつぶてやら、ごみくずが、男めがけて投げつけられたのです。



それでも、男は、壁を掘り続けます。



予想以上にかたい壁を、夢中で叩いたり削ったりしました。





やがて、その目的は、徐々に変わりつつありました。







そうしてついに、壁に穴を開けることに成功しました。









と、同時に。




高い塔は、激しい音と砂煙を舞い上げて、足元から崩れ落ちていきました。





残念ながら、男は塔の中に入ることはかないませんでした。




男はまた、新しい魅力的な塔を探す旅に出ました。




自分を受け入れてくれる扉が、必ずどこかにあることを、願って。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

「扉を探している男」 青谷因 @chinamu-aotani

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る