第1話

 辛い日々を乗り越え、俺は今、数少ない癒しの時間を満喫している。

 中学の卒業式が終わり、高校に入学するための短い休みに突入したのだ。

 本当ならこの短い休みの間にもバイトがあるはずだったが、それもなくなってしまった。

 理由は、この間の集団リンチのせいだ。

 あの日にあったバイトは、結局行けなかったから無断欠勤となってクビにされ、他のバイト先では、体中の傷が原因でクビにされた。

 理不尽だと思ったし、メチャクチャ悔しかったけど、今の俺にはどうすることもできない。

 この休み、筋トレでもしてみようかな? それで何か変わるとは思えないけど。

 いろいろ思うことはあるが、新しいバイトを見つけたりしなきゃいけない。

 でも、今は時間が少し空いているから、久しぶりにこの家を掃除しよう。

 そう考えた俺は、すぐに雑巾や掃除機を持ち出して、家の大掃除を始めた。

 普段から簡単に掃除をしているとはいえ、しっかり掃除をしてみると、汚れが多い。

 それに、おじいちゃんの家は結構広いので、こういう機会がないと全部の部屋を掃除するのは難しいのだ。

 ……いや、分かってる。これが、現実から逃げてることなのは……。

 暗い気持ちのまま、バケツの水を変えるために洗面台に向かうと、そこの鏡に映し出された自分の顔が嫌でも目に入った。

 細く小さい目。小さく鼻の穴が大きい豚鼻。エラが張っていて、頬骨が浮き出ているのに、顔全体はブクブクに太っていて、ニキビやそばかすだらけ。

 分厚い唇に歯並びの悪い口。

 髪が薄く、若ハゲ気味。

 これが、俺の顔。

 両親にも、あの双子にも似ていない、俺の顔。

 それを見て、俺の中に溜まっていたものが溢れ出してきた。


「あ……あああ……あああああああああああああああああっ!」


 何度も何度も鏡を殴りつける。

 必死に目の前の存在を消そうと、俺は手から血が出ようが構わず殴り続けた。

 そして、バケツを大きく振りかぶり、鏡にぶつけると、鏡は呆気なく割れる。


「はぁ……はぁ……」


 鏡が割れたことで、少し落ち着く事が出来たが、俺の中のモヤモヤは晴れなかった。

 地面には、鏡の破片と、俺の血が落ちている。

 ……どんなに喚いても、俺の状況は変わらない。

 できることなら整形したかった。

 でも、お金がない俺には、どうすることもできない。

 高校の学費と生活費を稼ぐので精いっぱいなのだ。

 高校をやめて働こうとしても、この俺じゃまず就職はできないしな。

 暗い現実を見て、俺の心は沈んでいくばかり。

 そんな嫌なことを忘れようと、鏡の破片や血を片付けた後、再び無心で掃除に集中していると、ある部屋に辿り着いた。


「ここは……」


 そこは、おじいちゃんが世界中を飛び回って、収集した品々が置かれている部屋だった。

 おじいちゃんが生きている頃から、特に興味を惹かれたりはしなかったのに、今の俺は、どうもそこが気になって仕方なかった。


「……ここも掃除するか」


 俺は雑巾とバケツを持って、部屋の中に入ると、よく分からない品々で溢れかえっていた。


「……何だ? あのお面。鬼神みたいで怖いな……ん? あれは……何の人形だ?」


 鬼神の面や、俺より大きいマネキンみたいなもの。

 他にも、バスケットボールサイズの赤色の正方形や、どういう原理なのかは分からないが、変な台座の上でくるくると回りながら浮いている変な石。

 中には、エジプトのファラオが入っているような棺まで置いてあった。

 ……これ全部おじいちゃんが集めたんだよな……。

 すごいと思いながらも、用途が分からない物だらけなので、今となってはほぼガラクタ同然だった。


「これ、どうしよう……ん?」


 この品々を触ろうにも、何か起こったら怖いしなぁと考えていると、ふと奥の方に置いてあるものに視線が移った。

 それは、まるで壁から抜きだしたような形で存在する、扉だった。

 木製の扉で、大きなフクロウが彫刻されており、ふちには木々が彫刻されていた。


「これも持って帰って来たのかな……?」


 この扉を?

 もし持って帰って来たのだとすると、どこの扉よ。

 まあ、扉だけなので、開いたところで後ろの壁が見えるだけだろう。

 そう思いながら、扉に手を伸ばすと――――。


「…………え?」


 そこは、見慣れない部屋だった。

 ログハウスのような内装で、木の大きなテーブルと椅子がひとつに、木製のクローゼット。そして剣や斧といった、武器が山のように置いてあった。


「え? は?」


 意味の分からない状況に、俺の頭はパンク寸前だった。

 すると、不意に目の前に半透明の板みたいなものが出現した。


「うわあっ!?」


 あまりにも唐突に出現したため、情けない声を出して尻もちをついてしまった。

 だが、半透明の板も、俺が尻もちをつくとその状態の目線の高さまで移動している。


「な、なんだよ、これ……」


 狼狽えながら、目の前に出現した半透明の板に視線を向けると、そこにはこう書かれていた。


『スキル【鑑定】を獲得しました。スキル【忍耐】を獲得しました。称号【扉の主】を獲得しました。称号【家の主】を獲得しました。称号【異世界人】を獲得しました。称号【初めて異世界を訪れた者】を獲得しました』


「え?」


 そこには、まるでゲームのメッセージのような物が表示されていた。

 か、鑑定? 忍耐? それに、異世界って……。

 取りあえず、起き上がった俺は、一度家に戻って、扉の周りを確認した。


「や、やっぱりどこにも繋がってないよな?」


 扉を持ち、裏側を確認したりするが、俺の家の壁があるだけ。

 なのに、扉の先には見慣れないログハウス風な部屋が広がっているのだ。


「マジで何なんだよ……」


 この扉って一体……。

 そう思った瞬間、自然と消えていたはずの半透明な板が、再び出現した。


『異世界への扉』……突如地球に出現したどこかの異世界へと続く扉。なぜ出現したのか、どうやって出現したのかは、神々さえ知らない。繋がる先は不明であり、一度異世界と繋がると、固定される。主となった者は、様々な機能を操る事が出来る。破壊不可能。


 何と、扉の正体がいきなり分かったのだ。

 いや、分かったのはいいけどメチャクチャな内容だな!?

 ここまで来て、俺はようやく冷静になり、一つの答えに辿り着く。


「もしかして……スキルの【鑑定】ってやつか?」


 いや、でも……ここはログハウス風の部屋のなかじゃなく、地球なのだ。

 ……待てよ? なら、なんで目の前にこのよく分からない板が出現するんだ?


「……考えてもよく分からないけど……これ、スキルとか確認できないのかな?」


 思わずそう呟くと、またも板が出現し、そこにはこう表示されていた。


【鑑定】……様々なモノを鑑定するスキル。

【忍耐】……状態異常や精神干渉、または肉体的苦痛に大きな耐性を得る。


「……本当に出てきたよ」


 これで分かったが、さっきの扉を調べられたのは、この【鑑定】というスキルのおかげだろう。

 それにしても……ますます現実離れしすぎてるな。


「これなら、称号とかも調べられるか?」


 ほぼ確信を抱きながらそう呟くと、案の定メッセージが出現した。


【扉の主】……異世界への扉の主。メニュー機能を使用する事が出来る。

【家の主】……かつて、賢者が住んでいたといわれる家の新たな主。家の所有権を得る。

【異世界人】……異世界の人。普通より経験値が多く手に入り、特殊な成長をする。また、スキルを習得しやすくなる。レベルの上限を撤廃。

【初めて異世界を訪れた者】……初めて異世界へ訪れた者。別の称号である、【開拓者】の効果以上にスキルや魔法を発明しやすくなる。また、成長する過程で、いい方向に成長していく。また、『アイテムボックス』を使えるようになる。


「おぉ」


 よく分からないが、何となくすごそうだった。

 【初めて異世界を訪れた者】に至っては、別の称号である【開拓者】とやらより優秀らしいし、『アイテムボックス』とやらも使えるようだ。……『アイテムボックス』ってなんだ?

 それに、【家の主】という称号の部分もよく分からない。どの家のことだ?

 そんな感想を抱いていると、【扉の主】の説明に書かれた、メニュー機能という部分に気付いた。


「メニュー機能? これは一体……ってうわっ!?」


 また、別のメッセージが目の前に表示される。

 そこには……。


【異世界への扉】

所有者:天上優夜

機能:≪換金≫≪転送≫≪入場制限≫


 と書かれていた。


「換金? 何かをお金に換えられるのか? それに、転送と入場制限か……」


 全ての項目に意識を向けると、詳しい説明にメッセージが変更される。


≪換金≫……あらゆる物をお金に変換できる。

≪転送≫……所有者の位置に、扉を出現させる事が出来る。

≪入場制限≫……所有者の指定した人物のみ、扉を通る事が出来る。


「予想以上に高性能だな!?」


 つまり、仮に誰かがこの場所を見つけても、その先には行けないということだ。

 さらに言えば、この扉を盗んだとしても、俺のもとに帰ってくるという……。


「換金は正直何に使うのか分からないけど、まああっても損はないし、今はいいか」


 そんなことより、ここまでゲームみたいな展開なら、ステータスとかあるんじゃないか?

 ワクワクしながらそう思うと、目の前に新たなメッセージが表示された。


【天上優夜】

職業:なし

レベル:1

魔力:1

攻撃力:1

防御力:1

俊敏力:1

知力:1

運:1

BP:0

スキル:≪鑑定≫≪忍耐≫≪アイテムボックス≫

称号:≪扉の主≫≪家の主≫≪異世界人≫≪初めて異世界を訪れた者≫


 絶望した。

 まさか、ステータスがオール1だなんて……学校の成績でさえ、ここまで酷いものはとったことがないのに……。

 まあ、何となく分かってたことだけどね。

 それより、このBPってなんだ?

 アイテムボックスもなぜかスキルの欄に追加されてるし……。


『BP』……ボーナスポイントの略。レベルアップ時に、10ポイント貰う事が出来、好きなステータスに割り振る事が出来る。ただし、異世界人の場合、10ポイントではなく、20ポイントもらえる。称号【初めて異世界を訪れた者】を持つ場合、BPは100ポイントもらえる。

『アイテムボックス』……特殊な空間を出現させ、好きなだけ物を出し入れすることが出来る。ただし、生物は収納することは出来ない。容量の限界はなく、大きさも問わない。


「……おぉ」


 取りあえず、ステータスにポイントを振る事が出来て、なおかつ俺の場合はお得だということが分かった。

 アイテムボックスも、ゲームみたいな機能だと思えば、理解はできる。

 さて、ここまで確認できたわけだが、あと確認しなきゃいけないことと言えば……。


「あの部屋……だよなぁ……」


 さっきは誰もいなかったが、よく考えれば不法侵入だ。

 それで相手が怒って襲われたら、たまったもんじゃない。

 【家の主】という、よく分からない称号も手に入ったが、確認してみないことにはなんとも……。

 幸い、俺以外は扉を通る事が出来ないようなので、俺の家に逃げ込めば何とかなるが。


「……もう一度、見てみるか」


 そう決めて、俺は再びあの部屋に行くのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます