3










「パ、パパさんっ!」



 あー恥ずかしや。


 ものっすごい早口で言い切った。



 ……ん? なんだなんだ?



 ポトリポトリと何かが上から落ちてくる。


 拭ってみると……水?



 上を見上げると、アノ人が例の無表情のまま静かに目から涙を流していた。



「すげぇ。チビのやつ、神さん泣かしてやがる」

「なかせてないっ! わたしのせいじゃないよっ!」



 聞き捨てならないことを言わんでくれるか、海斗さんっ!


 あなたもどーして泣いてるのさっ!!


 おかげであらぬ事を言われてます。心外です。オコです。



「雅が……吾子が自ら我をパパさんと……」



 ……どんだけ呼ばれたかったの。


 恥ずかしいからやめてよ。



 ほら、これで涙拭いて。


 ……あ、これ台拭きだ。



「はい、ここにすわって」

「……ん」

「いや、わたしはすわらんよ」



 手を広げたって無駄だ。


 私の今日の定位置は劉さんの横って決まってる。



「こちらに来れば何でも願いを叶えてやろう」

「……」



 なんてこと。


 神様パワー使うなんて卑怯じゃあるまいか。



 まぁ、仕方ない。


 座るだけで叶えてくれるなら座ろうじゃないか。



「すわるだけ。おさわりきんし」

「うむ」

「あのね、もとにもどりたいの。ちょっとのあいだだけ」

「元に? 元に戻るのはそなたの自由だ。平時は戻りたくないと思っているから戻れぬだけ。強く願えば良い」



 そういえば、そんなこと言われたっけ?


 でも、高い所の物を取る時とか、わりと元に戻りたいなぁと思ってるけど、それだと戻ってないし。



 戻れー戻れー戻れぇーぃ!!


 ……ふぅ。ダメだ。



「だめです。もどれましぇん」



 力が抜けて、へにょっとなってしまう私の身体。


 前に戻った時は無我夢中で大変な時だったから、戻りたいなんて微塵も思ってなかったし、戻れるとも思ってなかったからなぁ。



「あの時は確かそこの人間を助けるためであったな。もう一度誰かに怪我を負ってもらうか」

「だめだよっ!!」



 いきなりなんてことを言いだすんだこの人はっ!


 皆ももちろんドン引いている。


 やっぱり神様の感覚は人のソレとは大違いだ。



 ……でも、人柱にされそうになっている人は実際にいる。


 だから、その人を助けたいって思えば。



「……んーっとこどっこいしょーっ!」



 ……戻れた。戻れたぞーっ!!



「……先程の掛け声は聞かなかったことにします」

「ははぁ。ありがたき幸せ」

「……なーんかチビといると、神様に対するありがたみが一気に薄れるよね」

「それは面目ない」



 それにしても、前も思ったけど、元に戻った時に身体に合わせた服に着替えてるのすごいよねぇ。


 でなきゃ今頃、私全裸だし。


 さすがにこの姿で皆の前で全裸は恥ずかしいし色々まずい。



「雅、ちゃん?」

「はい!」



 そういえば、瑠衣さんと黒木さんはこの姿では初めましてだ。


 それでは改めまして。



「柳雅、今は十六歳です! ……この姿でも、仲良くしてくれますか?」

「んーっ! もっちろんよっ!!」



 瑠衣さんは私の元ににじり寄ってきて、首の位置で抱きしめてくれた。


 瑠衣さんっ。お胸がやっぱりすごいっ。



 ……さて、準備も整ったし、いつでもカモンッ!


 悪いことするコは大人も子供も引っくるめて仕置きをさせていただきまっす!!





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます