15







「じゃあ、私、あの人間についておくわね。せっかくこの子が頑張ったのに、また狙われちゃたまったもんじゃないもの」

「あ、わたしも」

「貴女は大人しくおにぎり食べてなさい。……かっわいいわねー」



 ちょ、待って待って!


 おにぎりが、おにぎりが潰れるっ!!



 いきなりオネェさんに持っているおにぎりごと抱き込まれた。



「ぐ、ぐるしぃ」

「あらやだ。ごめんなさい」



 オネェさんの容姿についてはもう慣れっこだし、正直似合ってるから何も言わないけど、せめて力加減は覚えてくれないと困るよ!


 分かる? 私、今、おこだよ、おこ。



「やぁだ。雅ちゃんは純粋培養なだけで、おバカな子ではないわよ?」

「ん?」

「え?」



 会話ってキャッチボールじゃなくて、バッティングだったっけ?


 全く意味が分からない返事が返ってきたんですが。



 ……さらっと心の声に返事されてるし。




「今、君が思った“おこ”っていうのは古語で、ようするにバカ、たわけって意味だよ」

「なんですと」



 に、日本語むずかしー。


 昔と今じゃ同じ言葉でも違うんだもんね。



「まぁ、僕からしてみればあながち間違いじゃないと思うけど」

「えー」



 馬鹿なことはしていない……と、信じてる。


 信じる者は救われるってよく言うしね!


 ……あ、それ外国の神様だわ。異国の神様見習いでも許容範囲に入れてくれると嬉しいなぁ。



「じゃあ、何かあったらまた連絡するわ」

「うむ」



 オネェさんがアノ人の肩をポンっと叩いて姿を消した。



「つづきさんおそいね」

「どこまで追いかけてるんだか」



 あの時、部屋の窓の外にいたのって誰だったんだろう?



 ……あ、そうだ。


 窓の外で思い出した。



 鳳さんがスペースをあけてくれたベッドの端に並んで座る隣の千早様の方を見た。



「ねぇねぇ。さいしょ、このへやにきたとき、まどのそとにいたのってなんだったんですか?」

「……知りたい?」

「う、うん」



 今日ので結構耐性がついたような気がする。


 一歩大人に近づいた的な。



「赤黒い顔をした片目だよ。窓いっぱいに広がる」

「……なんの?」



 千早様は二ヤッと笑うと、そのまま口をつぐんでしまった。



 世の中には知らない方がいいこともあるってことですか。


 そうですか。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます