8




 ※劉 side※



 寝た。


 くぅくぅと可愛く小さな寝息すら聞こえてくる。



 「寝たか?」

 「ねた。まちがい、ない」



 寝た者特有の身体の弛緩具合、心拍数の低下、体温の高さ。


 どれをとっても雅が眠りについたことに疑いの余地はない。



 「おい、瑠衣。お前、何を言おうとしてた?」

 「……別に? ただ、みやびちゃんをうちに……

 「危ない目にあうこともない、だ? それは何か? 俺らと一緒だと危ない目にあうと?」



 夏生さんが聞き捨てならないとばかりにその点を追及し始めた。


 彼女が暗に言おうとしていたのは、東の者との生活の別離を意味していた。



 でも、追及している夏生さんにだって、本当は分かっているはずだ。


 雅のように小さな幼子は本来殺伐とした生活をしている自分達とソレを共にしてはいけないのだ、と。


 現にその顔はいつものように自信に満ち溢れた東の大将のソレではなく、何ともいえない感情が表面に浮き出ている。


 それは海斗さんや、薫さんに至っても同じこと。


 今はここにはいない巳鶴さんに関しても、きっと同じ反応を見せるだろうということが容易に想像がつく。



 「……」



 分からないのは、こんな状況でも何を考えているか悟らせない綾芽さんだけ。


 彼の考えていることが分かるのはそれこそ長く一緒にいる夏生さんや海斗さん達だけだろう。


 そんな綾芽さんでさえ、この状況を面白く思っていないことは先程の行動で明らかだ。



 考えていることが駄々漏れな雅によると、幽霊の仕業かもしれない突然の謎の頭が上がらない事件は、雅の背後に立った綾芽さんが頭に手を悟らせないように乗せていた。


 綾芽さんの瑠衣さんに対する半ば八つ当たりにも似たものの矛先にされたのだ、雅は。


 知らぬは雅ただ一人だけ。



 「……こんなに小さな子を戦場に出ることもあるあなた達の側にいつまでもいさせるわけにはいかないわ。いつこの子が敵に狙われるか分からないのに。そもそも、親はどうしたのよ」

 「その親から俺達は預かってんだ」

 「ホントどうかしてるわよ、その親は!」



 瑠衣さんの美しい眉がぎゅっと寄せられた。


 雅に悟らせないように上手く話を別のもの、単なる勧誘話にすり替えてくれた南の料理人の桐生さんですら、腕を組み、思うところありとばかりに目を閉じている。



 先程まで恐らくこの会場一清浄な空気が流れていたのに、雅が眠った途端コレだ。


 彼女が来てからの彼ら幹部の変わりように、俺も含め、下の者達は驚きながらも受け入れ、雅の存在を喜んだ。


 誰だって殺伐とした雰囲気の中毎日のように働くよりも、雅という存在を愛でつつ成長を見守りながら働く方が楽しいと口をそろえて言っている。


 たまに悪戯されたり、おじさん呼ばわりされてほんの少し傷ついているのはご愛敬あいきょうだ。



 「そうや。夏生はん、瑠衣はんと一緒に例のおばあさんとこ行ってもらえます? この子、眠ってしもて、今日は無理ですて」

 「なんで俺が。保護者が行くべきだろ」

 「夏生はんだって保護者みたいなもんやろ。それに東の大将やし。まだ正式には挨拶してへんから瑠衣はんに間に入ってもらえればええとちゃいます?」

 「お前なぁ。こんな時ばっかり俺を担ぎ上げやがって」

 「気のせいですやろ。自分、この子抱っこしとかなあかんもんで」



 綾芽さんはそう言うと、雅の身体を俺の腕から上手くすくい取っていった。


 俺達二人の体温の違いからか、最初僅かに身動みじろぎした雅もしっくり来る場所を見つけたらしく、目を開けることはなかった。



 「俺も瑠衣の意見に賛成だ。俺達の職務を忘れたわけではあるまい? いつ敵に人質にとられるやもしれん。そうなると、この子供はたとえ助け出されたとしても、自分を責めるだろう」

 「お前さん達、この子の瞳が自責の念にかられるのなんて、見たくねぇだろ? ちびっこなんてのはたまに成長を見に行くくらいがちょうどいいのさ」



 一歩引いた視点から見る鳳さんやこの中で一番年嵩としかさである桐生さんの言葉は、俺達東の者の胸の中に確かなしこりのようなものを生み出した。


 考えないようにしても、次の瞬間、ふと考えてしまうだろう、そんな予感。



 「とにかく! 私はこの子が首を縦に振るまで諦めないからね!」



 どこかの三文芝居の悪役が言い放つようなセリフを見事に言い切った彼女は夏生さんの腕をとり、足早に去って行った。



 「この子は救い出されるのを待つような殊勝な性格してないですわ。自分の失態は自分でケリをつける。そんな子です」

 「……確かにな。親が親だし、万に一つも命の心配はねぇ」



 そう言いつつも、綾芽さんと海斗さんの言葉にいつもの覇気がないのを、この場にいる全員が知っていた。



※劉 side end※




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます