8




 やってきましたお祭り当日!!


 今日はお祭りに最適な日和でございます。


 大広間で出かける前の打ち合わせをしている皆に混じり、私も隅で正座。



 「おい、いいか、お前ら。まかり間違っても祭り客に迷惑かけるような真似だけはすんじゃねぇぞ? 分かってんだろうなぁ? 特にそこ二人。……後ろ見んな。お前らだよ、綾芽、海斗」

 「やれやれ、名指しで指名されてもうたわ」

 「お前が去年、射的で競争しよ、とか言うからだろ?」

 「射的かて屋台やん。景品もろて何が悪いん? しかも結局、違法業者やって、捕縛もできて一石二鳥やったし」

 「違法だろうが合法だろうが関係ねぇ。俺が言いてぇのは……どこの世界に屋台の景品刈り尽すまでやるやつがいるんだよって話だ! 他の客のことも考えろ!」

 「「だって取れたんです」」

 「こんな時だけ声を揃えるな!!」



 今日も夏生さんの絶叫が屋敷に木霊する。


 確かに、他の人の迷惑になるようなこと、良くない。



 「はーい。質問でーす。なんで僕まで出なきゃいけないんですか?」

 「お前は瑠衣からの指名だ。屋台で売り子を手伝えだとさ」

 「は? なんで僕が……」

 「来なきゃ毎日のように屋敷に押しかけるそうだぞ」

 「……はぁーーーーー」



 薫くんは周囲の酸素をほとんど奪いかねない勢いで深い溜息をついた。


 瑠衣さんには逆らえない主じゅ……姉弟弟子関係ってすごいね。



 「それでお前ははぐれないように親父と一緒にいろよ?」

 「……あい」

 「そうむくれんな。お前にしかできない仕事だ。しっかりやれ」

 「りょーかいです!!」



 もうヤケだ。ぴしっと額に手を当て、敬礼ポーズ。


 とことんお祭り楽しんでやりましょうとも!





 「ふぉーーっ!」



 太鼓やお囃子の音が日が落ちた街の中に響き渡っている。


 道は人でごった返し、祭り囃子の音にも全く負けないくらいの賑わいを見せていた。



 屋台が道の両脇に所狭しと並び、おいしそうな匂いが至るところから漂ってくる。



 よしよし。ちゃーんと夜ご飯は抜いてあるもんね。


 さぁ、食べまくるぞー!!



 「まずはるいおねーしゃまんとこいくの!」

 「こら、待たぬか」



 浴衣の襟を掴まれ、そのままアノ人に抱き上げられた。

 


 いつもだったら下ろせ触るなと抵抗パターンですけど、分かってますよ?


 自力で歩いてたら端の方までいけないパターンですね?


 今ばかりは大人しく運ばれましょう。



 たしか、瑠衣さんのところの屋台は公園の傍にあるって言ってたっけ?


 この辺のはずなんだけど……



 近くまで行くと、聞き覚えのある声が聞こえてきた。



 「あっ、みやびちゃーん!」



 声のした方を向くと、屋台の中から手を振る瑠衣さん、そしてその隣には売り子をさせられている薫くんの姿があった。


 心なしか他の屋台よりも若い男女の姿が多い気が……売り子の影響ですな。



 「あら、今日はお父さんと一緒なのね」

 「……あい。あやめたちはおしごとでしゅ」

 「そう。ならここで売り子さんする?」

 「ちょっと、瑠衣さん。こっち来て」



 薫くんが瑠衣さんの手を引っ張って屋台の裏に回って行ってしまった。


 しばらくするとニコニコ顔で戻ってきた瑠衣さん……と、反対に疲れ切ったお顔の薫くん。



 「せっかくのお祭りなんだし、引き留めちゃ悪いわよね。ごめんなさい。この先で輪投げとか、色々屋台あるみたいだから行ってみるといいわ」

 「あい!」



 別れ際に瑠衣さんと一緒に作ったお団子をもらった。


 自分が作るのを手伝ったものが本当に売られているのを見ると、ちょっと緊張した。



 ……さて、次はどこに行きましょ。



 それからたこ焼きに焼きそば、綿あめ、りんご飴を制覇した私達。


 次は……かき氷を所望します!



 「つぎはあっちー」

 「うむ」



 目当てのかき氷屋さんを見つけ、そちらに向かっている時だった。


 ある集団が目に入った。



 「おい、ばーさん。痛ぇじゃねーか」

 「おいおい、折れてんじゃねぇ?」

 「あーマジマジ。だんだん痛くなってきた。これ、折れてるかもしんねぇ」



 いかにもなセリフを吐いている男の人達三人。


 金髪で着崩したファッションに、ジャラジャラとアクセサリーを大量につけている。


 そんな関わったら面倒くさそうな男達に絡まれている可哀想なおばあさんは、オロオロと周囲を見渡していた。



 「イテテテテテ!」

 「こいつを病院連れて行くから治療費一万よこせよ」

 「い、一万円?」



 おばあさんはカバンから財布を取りだそうとしている。



 私はアノ人の胸を押し、スタッと地面に着地した。


 ダダダッと駆けだし、もちろん目指すはおばあさんと男達の元。



 「すとーっぷ!!」

 「あ?」

 「なんだ? このガキ」



 おばあさんと自分達の間に割り込んできた私を見て男達は睨んでくるけど、正直全く怖くない。


 幽霊や、怒った時の夏生さんや巳鶴さんに比べれば全然。



 「おばーさんいじめちゃ、めっ、なの!」



 いつか見たアニメみたいに、腰に手を当てて仁王立ちになる私。


 そんな私を見て、プッと一人が吹き出すと、男達の間に大きな笑いの渦が起こった。



 「めっ、だってよぉ!」

 「おじょーちゃん、大人の大事なお話に入ってきちゃ、めっ!」

 「ぎゃはははっ!! お前、なんだよそれ!」

 「ちょーウケるし!」



 むむむ、むかーっ!


 むーかーつーくー!!



 「お、お嬢ちゃん、助かったわ。だからもう……」



 いーえ、おばあちゃん。


 ……私はやられたらやり返す子です。



 ゲシッ



 「うわっ! 何すんだこのガキ!!」

 「うわーん!! いーたーいーよー。ほねがーおれたのー!! パ……おとーさーん!!」



 折角買ってもらった浴衣だけど、私の小さなプライドの前ではごめん、安いものだ。



 「おうおう。それじゃあ、俺達と大人の話しよーじゃねーか」

 「たーっぷり色んなお話聞かせてもらおか」

 「我が娘を……よくも泣かせてくれたわ。この件、そなたらの命で……

 「はーいはい。それは過激すぎやからストップや」



 ……あり?


 私の中では、アノ人が追っ払ってくれるはずだったんだけどな。



 まぁ、いいや!


 頼るなら断然こっちの方がいい!



 「あやめー! かいとー!」

 「よっ、正義のヒーローやってんじゃねぇか」



 腰の刀に手を当てたまま、男達の背後に回る綾芽と海斗。


 いつにも増してカッコいい!!



 街の見回りに出る時に着ている羽織を見て、男達は綾芽達の身上に気づいたらしい。


 サッと身を翻し、その場から立ち去ろうとした者もいた。


 しかし、そんな輩を彼らが取り逃がすはずがない。



 「おい。てめぇ、どこへ行くつもりだ?」

 「なつきしゃん! りゅー!」



 劉さんが逃げようとした男の背に回り、腕をとって後ろで固めた。


 助け出そうとした別の男も劉さんによって足払いされ、無様に地面に倒れこんだ。



 「ふぉーーーーっ!」



 初めて生で見た! 回し蹴り!!



 劉さんの華麗な足技に魅了されていると、私の前にヌッと立つ影が二つ。



 「おい。どこのどいつだ? 大人に向かって突っ込んでいきやがったのは」

 「我らがいなかったらどうなっていたことか」



 怖い。夏生さん、怖い!!


 そんでもって、いつものごとく表情変わらないけど、アノ人も怒って……る?



 「まったく。誰に似たんだか」

 「我が妻だ。あれもよく不届き者に突っ込んでいく」

 「おかーさん、こまってるひといたらたすけてあげなさいっていってた」

 「助けてあげられるもんだけにしとけ。何でもかんでも突っ込んでいくんじゃねーよ」

 「んー」



 返事を曖昧にする私に、二度目を感じたのか、夏生さんはグリグリと両拳で私の頭を捻りあげてきた。



 「わ、わかりました! もうしましぇん!!」



 痛みに眉と鼻をしかめていると、ウフフと笑う声が傍から聞こえてきた。


 そちらを見ると、さっきまで不安そうにしていたおばあさんが口元に手を添えて笑っていた。



 ……夏生さん達には怒られちゃったけど、良かったぁ。



 「ごめんなさいね、笑ってしまって。あんまりにも可愛らしかったから。……そうね。小さなヒーローさんにはお礼にこれをあげましょう」



 おばあさんが私の前にしゃがみ、持っていた巾着袋から何やら袋を取り出した。


 見覚えがあるその袋の中身は……。



 「あっ!」



 買ってくれてるーっ!!



 それは私が瑠衣さん達と作ったミニ饅頭だった。


 さっきも屋台の前でたくさんの人が集まってるのを見たけど、実際に買ってくれてる人を見ると本当に嬉しい!



 「美味しくて有名な甘味処が出している屋台のものだから、きっとお嬢ちゃんのお口にも合うと思うわ」

 「そのおみせしってましゅー」



 ちなみに言うと、そこの店長さんも知ってるのー。


 なんか、自分の知ってる人が褒められてるの聞くと、自分のことみたいにこそばゆいなぁ。



 「……そうだっ!」



 キョロキョロと辺りを見回すと、丁度空いたベンチが一つあった。



 「おばーちゃん、まだおじかんありましゅか?」

 「え? えぇ、大丈夫よ」

 「あそこのベンチでいっしょにこれ、たべましょー」

 「あら、嬉しいお誘いねぇ。それじゃあ、ご一緒させていただこうかしら」



 えへへ。実際に食べてもらって感想聞きたいもんね。



 男達に厳重注意とやらをするという綾芽達と別れ、私とおばあさん、それからアノ人は近くの空いたベンチに腰掛けた。



 さぁ、食べましょ食べましょ!



 「あのねぇ、これ、これをうってたおねーちゃまとわたしがつくったの」

 「まぁ、そうなの!? 凄いわねぇ」

 「んふふー。……たべてみてー!」



 おばあさんは一口口に入れ、ニコリと微笑んだ。


 どう? どうですか!?



 「とーっても美味しいわ」

 「ほんとー? おいしー?」

 「えぇ。とーっても」

 「そっかぁ。えへへー」



 照れるなぁ! もう!!


 余りの嬉しさとちょっとの気恥ずかしさにアノ人の着物の裾をモジモジと引っ張った。



 「そなたも腹が減ったのか?」

 「んー……あーん」



 厳密には違うけど、大して違わない空腹感に大人しく雛鳥よろしく口を開けた私。


 すぐにミニ饅頭が口の中に放り込まれた。



 「どう? 自分で作ったもののお味は」

 「るいおねーちゃまてんさい!! おいしいっ!!」



 やっぱり料理の出来って教えてくれる人にもよると思うんだよねぇ。


 その点、瑠衣さんは百点満点でした!



 「これねー、みっつあじがあるの。えっとね、わたしがつくったのがあんこので、おねーちゃまがいちごのジャムのやつとチョコのやつ!」

 「そう。私は餡子のやつが一番好きだわ」

 「むふふ。つぶあんはでしゅか? こしあんはでしゅか?」

 「そうねぇ、どちらだとかはないわ。生地とかモノにもよるし。これだとこし餡がいいわ」

 「こしあんならこっちでしゅ」



 私は作った人特権で分かるように入れていた目印を見て、おばあさんにこし餡のミニ大福を渡した。



 古今東西、餡子で争うのが、つぶ餡かこし餡か。


 私はどっちも好きだけど、どっちかが好き!って人は一定数いると思ったから両方で作ってみた。



 それにしても、こし餡はまだしも、つぶ餡のミニ大福作るの難しかったー。


 だって生地で餡子を包む時、ただでさえ小さい手なのに、つぶつぶ餡子が包まりたくたいって反抗してくるんだもの。


 何度つぶ餡を潰してこし餡にしてやろうかと思ったか。



 「あ! こちらにいらしたんですね!? 探しました!」



 おばあさんと味比べしながら一緒に食べていると、少し離れたところから男の人の声がして、おばあさんはそちらを振り向いた。


 見ると男の人がハァハァと息をきらし、流れる汗を手の甲で拭っている。



 「あら、見つかってしまったのね。それじゃあ、私はこれで失礼するわ」

 「あい。おはなしできてとってもたのしかったでしゅ」

 「私もよ」



 おばあさんはベンチから立ち上がり、最後に私の頭を撫でてから、迎えにきた男の人と一緒にどこかへ去って行った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます