小さな祈り

萱草真詩雫

俺の夢



ただ生きたかった。


世の中に、死にたいという人は何万人といる。


その中で、俺は生きたいと強く思う人間の一人だ。


ごく普通の生活をして、好きな人と一緒によぼよぼのおじいちゃんになるまで生きて、平和に一生を終えたい。


俺の望みはそれだけ。


それだけだった。


…なのに、医者に言われたのは。



『涼君、残念だけど…長く生きるのは難しいんだ』


絶望にも似た言葉だった。


俺の病気は生まれつき心臓が弱い。


物心ついた頃から病院のベッドの上の生活を送っている。


ドナーが見つかれば、手術が出来るけど。


ドナーが見つかって手術をした所で、その成功率は30%だ。


決して高いとは言えない数字。


…どうして?


俺は、ただ生きる事だけが唯一の夢なのに…



神様はなんて不公平なんだろうか。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます